2008年05月12日

念願のSango!さんで、念願のライスバーガーを食べました

3日間に渡って、シュークリーム・カフェのことを書きまして、私の頭のちょっと一休みしたいようなので、今日は食べることの話を書きます(笑)

この日は(いつだったか・・3日くらい前)夕方に写真のクロカンブッシュのご注文があり、アラバンにある、ウエストゲートという最近話題のレストランが立ち並ぶ、ハイソはところへデリバリーへ行きました。

croquembouche.JPG

クロカンブッシュは、日本の皆様はあまりご存知ないかもしれないですが、ヨーロッパ、特にフランスでは、ウェディング・パーティーには欠かせないウェディング・ケーキです。

あっ、ウェディングの時はもっと巨大なものを使いますが。

ウェディングだけでなく、誕生日、洗礼式、結婚記念日、その他おめでたいパーティーには欠かせない、西洋のケーキということになります。

これをご注文いただいたのは、4才の男の子の誕生パーティーでしたが、クロカンブッシュを持ち込むと、会場に集まっている人達の注目を集めていました。
やはり、見て楽しいというのが、この商品の特徴なのかもしれません。
基本は全部カラメルで作るのですが、今日は子供の誕生会ですから、こういう仕様になりました。
これも楽しげでいいですね。

お父さんとお母さんもこれを見て喜んでくれましたが、
「これだけじゃ、足りないなあ〜」と言い出し、なんと追加で、各種詰め合わせ「PA-L1(パルワン)」を5箱も追加注文してくれました。
嬉しい!、ですね。


それで、ここからが本題になりますが、実はここアラバン・ウエストゲートは、サウス・スーパーマーケットの隣なのです。
ということは、Sango!さんの近く。

私「今日はたくさん売上げがあったな・・・」(本当に現金を握っている・・・)
女房「よかったネ」
私「お腹すいたか?」
女房「うん」
私「Sangoさんは、いつもシュークリーム買いにきてくれるのに、俺達まだSango!に行っていないのは恥ずかしいからな・・・」
女房「ワタシ、キンピラ・ライス・バーガーが食べたい・・・」

というなんとも遠慮がちに会話をする2人でしたが、女房の許可を得ることができまして、Sango!さんへ直行!

Sangoさんはいらっしゃらなくて残念でしたが、中へ入るとスタッフ全員が大歓迎です。
さすがに、よく教育されていて、いい感じです。
なんといっても、皆さん笑顔を絶やすことが無い!
お客様がいる限り、いつも笑顔を振りまいている!
それが凄く気持ちいいのです。

私はすかさず、「焼肉ライスバーガー」を注文しました。
これです。

yakiniku_rice_burger.JPG

う、美味い!

思い起こせば、25年くらいまえ(大昔だ・・・汗)、杉並の永福町にあるモスバーガーで毎日、ライスバーガーを食べていたくらいの、ライスバーガーマニアなのです、ワタシ。

25年の歳月を超えて、蘇れ「ライスバーガー!」
まるで、料理の鉄人です。

女房もお約束通り、キンピラ・ライス・バーガーを注文。
女房「それから、ゴボウ・サラダと・・・」
おいおい、そんなにゴボウばかり頼んでどうするのと、キンピラとゴボウの違いを教えて(同じやんけ)あげたら、サラダはレタスにチェンジ。
それにしても、キンピラゴボウが好きな、変な女房です。

sango_kimpira.JPG

キンピラ・ライス・バーガーにかぶりつく女房です(笑)

注意深く見ると、右下にフレンチ・フライ(フライド・ポテトのことです)があるのですが、これも大胆太切りにした、揚げたて熱々で美味かったです。

Sango!のスタッフの方は、皆、私がシュークリーム屋と知っていてくれて、私が「ちょっと、キッチンを見せて」(あつかましくてすみません、Sangoさん)と言ったら、気持ちよく見せてくれました。

という訳で、終始笑顔のスタッフに囲まれて、至福の時間を過ごしました。

また、来ますよ。Sango!さん。


それから、もうひとつおまけ。

「変なブログ」で有名な、あのタバチン・ラーメンのブログ。

何気なく読んでいたら、今日の記事は、おおっ!という感じで見入ってしまいました。

とにかく、このチャーシューは凄いです。

タバチンさんは、単なる太ったおじさんかと思っていました(すいません・・)が、いやいや、もしかしたら本当に超美味しい伝説のラーメンを作る真のプロフェッショナルかもしれません。

読んだだけで、このチャーシューを食べたくなります。

とにかく、ご覧になって下さい。

美味しそうなラーメンの写真もありますよ。

ブログは変ですが、ラーメンは本物です。

このラーメンが、フィリピンで食べられるようになれば、フィリピン在住の邦人の方は全て“虜”になってしまうかもしれませんね!!

 ↓ タバチン・ラーメンはこちらから 
http://tabaching.blog.shinobi.jp/

(忍者ブログはメンテナンス中、なんてこった!、12日の18時以降に見られるそうです。ラーメン好きならブックマークですね)



blog_ranking_banner_02.gif
 ↑ ラーメンが美味しそうと思ったらクリックして下さい



それから、今日からもうひとつ「ブログ村」のランキングも始めました(恥)
25年くらい前に(大昔だ・・汗)TBSの「ザ・ベストテン」という番組にハマっていたのを思い出します。


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
 ↑ 試しにこちらもクリックしてみて下さい



posted by Happy Cream Puff at 10:12| Comment(7) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

ジョン・イチロー

flier_ichiro.JPG


このチラシは1年半前に、メトロポリス・モールにて、初めてこのビジネスをスタートした時に作ったものです。
このチラシを見ると、本当にシュークリームとエクレアしかなくてスタートしたことがわかりますね。

子供が美味しそうにシュークリームをかじっている写真は、まさにこのビジネスの基本理念をイメージするものでした。

「子供も安心して食べられるシュークリーム!」

「美味しくて、ハッピー!」

そのイメージなのです。

これうちの息子で、ジョン・イチローといいます。
この写真を撮ったときはまだ2歳でしたから、もう3年も前のことですね。
このかじっているシュークリームは、実際に私が自分で焼いたものです。
随分前からシュークリームを焼くテストをしていたのです。

どうしてジョン・イチローというかというと、漁船が難破し若くしてアメリカに渡り波乱万丈の人生を送った「ジョン万次郎」をもじったみたいですが、それは違います。
私は、ボン・ジョヴィのファンでして、JONという名前が好きでした。JHONではなくJONですよ。

MLBのイチローは、とにかく5年前からスーパースターでしたね。ジョン・イチローのおじいちゃんが「イチロー」という名前を付けてくれました。
ちなみに、当時日本の総理大臣はジュンイチロー・コイズミでした。


今日の記事は、何を書きたいのかというと、シュークリームと子供の成長を、読んでくださっている方々にチョコっと知ってもらうということです。

シュークリームで起業してからずっと家族を巻き込んでしまいましたし、未だに家族には苦労をかけていることも事実です。

それでも、子供にしてみれば、やっぱりシュークリームという世界にどっぷり浸かっていることも本当です。

なんとイチローには、ID があります。
誰がなんと言っても、彼はスタッフなのです。

SMモールは始業前と閉店後は、関係者以外はモールの中には入れません。
しかし、ID があれば中に入ることができます。


ichiro_ID.JPG


これがイチローのID です。
冗談みたいですが、本物のID ですよ。


子供の成長とは、早いもので、イチローも先月で満5才になりました。
私がいつも仕事仕事で、あまり遊んでやったり、何処かへ連れていくこともなく、かわいそうな奴ですが、5才ともなると、もう立派にいろいろな事を理解していて、シュークリーム屋のことは大体何でも知っているし、パパとママが忙しいことを気にかけていてくれます。

私は、もう幾度となく行き詰まったり、もうダメだと思ったりするのですが、そいういう時は、必ずイチローと話をします。

「おい、イチ。イチはパパのビジネスのヘルプができるの?」

「うん、ボクはパパのヘルプができるよ!」と必ず言ってくれます。必ずです。

どんなに苦しくても、この一言で生き返ります。
こんなに小さな身体の何処にそんなパワーがあるのでしょうか。

私は、小さなイチローを抱きしめて「サンキュー」とつぶやいてから、また明日への希望へと向かっていきます。


ichiro_toy_shop.JPG


小さなジョン・イチローに感謝!


blog_ranking_banner_02.gif
 ↑ このクリックがブログランキングを押し上げます


posted by Happy Cream Puff at 06:13| Comment(8) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。