2008年08月01日

マニラ・オーシャン・パークに子供達おおはしゃぎ! 私も感激!

「家族を連れて、マニラ・オーシャン・パークへ行く」

と、このブログで宣言しておりましたが、遂に行ってきました。


有給休暇(爆)をとり、やって来ましたマニラ湾。

駐車場に入ると、そこはもう防波堤です。

クルマから飛び出すように子供達は、海辺へ走っていきます。

水族館へ行かなくても、もうここだけで楽しいみたいです。(笑)

manila_bay.JPG

ワクワク、ドキドキしながら水族館の方へ歩いて行きましたが、よく考えると、まさか、フィリピンで水族館を楽しめるということが信じられません。

ずっと以前に、タガイタイ(タール・レイク)の動物園へ行ったことを思い出しましたが、この動物園には、本当に驚く程たくさんの動物がいて、期待以上に楽しめたことを思い出しました。


ここが水族館の入り口です。
記念にパチリ。

park entrance.JPG

実は、この日は、私の友人の、タバチンさんもご一緒したのです。

私のブログの読者の皆様は、多分、タバチンさんのことはご存知かと思います。
そうです、写真入りのリンクが張ってありますから。(笑)

タバチンさんと、私が知り合いになりましたのは、意外なことに、つい最近です。

忘れもしないあの日は、確か今年の3月のいつだったか・・・(忘れてるって、爆)

タバチンさんは、SMサウスモールの、Happy Cream Puffのお店まで、わざわざ私を訪ねてきてくれたのです。

握手をして、挨拶を交わしたその直後から、一気に3時間ぶっ続けで、身の上話をされた、タバチンさんの記録は未だに更新されていません。(笑)

しかし、そのタバチンさんの「絶対にフィリピンでラーメン屋をやるんだ!」という気迫のこもったお話に、私は感動をおぼえました。

そこには、フィリピンで何かをやるという困難を知っている私には、とてもよく解るので、タバチンさんが歩いてきた道と、これから進んでいくであろう険しい道も、この人なら、乗り越えていくだろうなぁと思いました。

フードコートのテーブルで、コーヒーも水も飲まずにずっと話続けている、この大きな身体のタバチンさんを見ていたら、私と体格こそ違いますが(笑)、フィリピンで目指している「夢」は、私とまったく同じものだったのです。


私も、まだまだ小さい存在です。
そして、ここまで、女房と二人三脚でずっとやってきました。

しかし、そんな小さな存在の私でも、このように大きな夢をもつ人のお役にたてることがあるとすれば、それは素晴らしいことと思います。
小さい存在の私達でも、何かお互いに協力できることがあれば、この異国の地での起業の辛さを、楽しさに変えることはできるのではないかと感じました。
つまり、金銭的なことではなく、精神的に支えあうような仲間ということです。

私はシュークリーム、タバチンさんはラーメン。

同じフードビジネスで、同じ夢を持つ者同士の信頼関係は、何よりも一番大切なものと思うようになりました。

タバチンさんは、写真で見た通りのお人柄で、本当に愉快でほがらかで優しい人です。
見た目と性格がこれほど一致する人も珍しいかもしれません。(笑)

with_tabaching_family.JPG

この写真の上段は、タバチンさんのご一家です。
写真のおっきいお嬢さんは、タバチンさんの娘さんです。隣の男の子は、そのお友達みたいです(笑)

ということで、この日は、総勢7名での、水族館探訪です。


入場すると、すぐに大きめの水槽があって、そこで度肝を抜かれました。

タバチンさんよりも大きい魚が水槽内をゆっくり泳いでいます。

タバチンさん曰く「ここだけで、すごく楽しい!」
子供みたいに素直な表現をされていましたが、確かにその通りでした。
次に何があるのかという演出が上手な水族館です。

この巨大魚の水槽の前で、タバチンさんと一緒に記念撮影をしたのですが、私はこの写真を公開したくありません。(笑)

なぜなら、私の体重の2倍はあろうかというタバチンさんと、痩身の私の対比があまりにも爆笑です。
おまけに、背後に巨大魚が泳いでいます。

そこまで書くと、読者の皆様も写真を見たくなりますよね。(実は、見せたかったりして・・・汗)

ということで、小さめの写真を公開します。(笑)

tabaching_san.JPG

この後は、水族館によくありがちな小さい水槽がたくさん並んでいて、世界中の珍しい魚の鑑賞を楽しめました。

イチローなんか、「パパ、パパ、こっち、こっち!」と腕を引っ張られまくりで、もう興奮状態です。
そんな感じなので、私はゆっくり見たかったのですが、仕方ありません。

娘はいつもおとなしいのですが、ここでは、初めて見るたくさんの魚におおはしゃぎです。

こんな感じです。
魚が光っていて、なんとも幻想的な一枚が撮れました。

hikaru_sakana.JPG

圧巻は、やはり、巨大水槽です。

イチローなんか、もう気が狂ったように喜びまくりです。
このときは、本当に、家族を連れてきて良かったと思いました。

water_tunnel.JPG

それにしても素晴らしい巨大水槽です。もう無数の魚に加えて、メインの巨大エイと各種サメと盛りだくさんで楽しめました。
水槽のトンネルにも、子供達は大喜びです。

water_tunnel_family.JPG

う〜ん、素晴らしい水族館です。


ということで、マニラの休日レポートでした。
一日、うるさい子供達に終始笑顔でお付き合いくださいました、タバチンさんご一家にも感謝いたします。

タバチンさんも、ラーメン屋の夢が実現するように頑張ってくださいね。



と、ここまで書いて、「あれ、バットマンは?」という声が聞こえてきそうです。

ははっ。

実は行って来ました。
バットマンも見ましたよ。

いやー、カッコよかったですね。

このバットマン・バイクなんか最高です。

子供より自分が楽しんでしまいました。(笑)


イチローのTシャツを見てください。
しっかりバットマンです。
実は、このTシャツはタバチンさんからイチローへのプレゼントです。

私の以前の「バットマンを観にいく」というブログ記事を読んで、ならば、このTシャツを着て観に行くようにとなんとも嬉しい心配りです。(嬉泣)

イチローもこのポーズです。

batman.JPG

家族サービスで、子供と女房がこれほど喜んでくれるとは思いませんでしたが、実は、本当に楽しかったのは、私だったということを思い知らされました。

いい仕事をする(美味しいシュークリームを作る)出発点は、やっぱりこういう身近なところにこそあるのですね。

それを、教えてくれた家族にも感謝します。



blog_ranking_banner_02.gif

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 20:20| Comment(8) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

フィリピン人女房と日本人男性の夫婦は、幸せになれるのか?

今日の記事は、前回、マーティン・ニベラ・ミニコンサートの続編みたいな感じです。

といっても、書く内容は、またまた「幸せ」についてです。


前回の記事をお読みになっていただいた読者の方はお気付きかと思いますが(気がついてないって・・・汗)、この家族の、小さな幸せの中に、女房のマリセルが登場していませんでした。

女房のマリセルにも、そのマーティンについてのブログを見せたのですが、

マリセル「私が写ってないじゃない」

私「だって、(マーティンのときに)居なかったでしょ」

マリセル「うん、お店忙しかったから・・・」


確かに、週末のマリセルは、こんな感じで働いていますから。

はい、チーズ!

maricel_shop_photo.JPG

マリセルも、マーティンの大ファンですから、本当はマーティンとお話して、握手して、一緒の写真に納まりたかったということは、痛いほど、私にも理解できます。
仕事優先といえば、それまでですが、このような楽しいイベントに、家族が揃わなかったことは、やはり、ちょっと心残りでした。

マリセルには可愛そうなことをしました。


私が、「シュークリーム屋をやるぞ!」と言って、フィリピンで起業してからというもの、もうずっと、マリセルも私も、一日も休むことなく、働き続けてきました。

どうして、休まないのかと聞かれそうですが、それは、行き先が見えない中で、いつも走っていなければならなかったとしかいいようがありません。

お店に、ご来店いただいたお客様なら、ご存知かもしれませんが、マリセルは多くの時間、店頭に立っています。

私のシュークリーム店を、ここまで引っ張り上げてくれたのは、やはり、店頭で多くのお客様と接してくれたマリセルのおかげです。


ここまで、いろいろな苦難もありましたが、すこしずつ、ファンのお客様も増えてきまして、また、「美味しい」の声に支えられて、ここまで来ることができました。

私の明確な目標は、このお店を増やしていくことにほかなりません。
その目標は、どんなことがあっても失ってはなりません。


ただし、その目標のために、家族に重い負担をかけたり、自由な時間が無くなったり、笑顔が消えたりすることがあってよいのでしょうか?

自分が追い求めるものが、ものすごい価値があって、社会貢献性があったとしても、それだけを貫き通そうとすると、必ずどこかに無理がでてきます。


「家族」と「目標」


この、どっちが重要かとか、どっちを選ぶかということではありません。

それが、ここ数回に渡って、このブログに書いている「幸せ」というところに繋がります。


冒頭のマリセルのエピソードに戻りますが、マリセルが(私より??)大好きなマーティンに会えなかったことを怒っているとか、恨んでいるとかいうことはありませんが、私のできることとすれば、このような場合にも、マリセルが仕事の手を休めて、マーティンに会う時間を作ってあげることはできるはずだなあ、と思っています。

そういう、システムを作っていくことが、私の仕事ですから。


この記事のタイトルにありますように、「フィリピン人女房と日本人男性の夫婦は、幸せになれるのか?」ということについて、書いてみたいと思います。


先ほども、マリセルが私のブログを見たと書きましたが、それは写真を見ただけであって、記事自体を読んだわけではありません。

日本語は読めないですから。(笑)

と、いうことは、私がそこに書いた、繊細な表現は、マリセルには、全然理解してもらえない訳です。


フィリピン人女房と日本人の私。

実は、このようなケースは日常的に、いつも起こっています。
夫婦として暮らしていますから、本人同士は、ほとんど気にすることなく生活していますが、この異国人同士には、理解できないことが山ほどあるのです。

育った国、環境、文化、生活様式、言葉も全部違う人が一緒に暮らすこと自体奇跡のようです。

それでも、私の頭は、だいぶフィリピン人化しています(悪い意味ではなく、笑)ので、女房の心の中は、理解しているつもりなのですが・・・・・。


私のように、女房がフィリピン人の方も、大勢いらっしゃいますし、ここフィリピンに暮らしておりますと、必然的に、そのような方とお知り合いになります。

時々は、この方々が、どのように夫婦関係を円滑に育てているのか考えてしまうこともあります。


もし、私が、サラリーマンで、一生懸命に働き、女房は家だけに居られるような関係であれば、それで女房も幸せだったのかもしれません。

しかし、今は、一緒に働いていますので、どうしても女房と毎日お店の話をしなければなりません。

これが、結構問題なのですが、商売というものに対する理解の仕方が、どうしても一致しません。

ここで大事なことは、かっとならないことです(笑)

私も女房も、経験の中から理解を深めていくということでしょうか。


またまた、これを、日記として、思ったことを素直に書いてみますね。

どんなに、気に食わないことがあっても、夫婦喧嘩をしても、それは、夫婦の証拠なのです。

きっと女房は、仕事ばかりに熱中している私に、「たまには、私のことや子供のことも気にかけて下さいね」と、注意を促しているのかもしれません。

いや、きっとそうです。

家族皆が、愛が不足していることを、感じているのかもしれません。

5才のイチローも、本当なら、遊びたい盛りなのに、いままでも全然「パパ、○○○に連れていって!」とせがまれたこともありません。
5才にして、パパの仕事を、大まかに理解しています。
だから、休まないパパを見て、何も言わないのでしょう。(泣)

家族がいるからこそ、この仕事に打ち込めることを忘れたらいけません。
私を支えてくれているのは、家族の愛なのです。
家族のために頑張ってきましたが、その家族を見ていなければ、何のための頑張っているのかも解らなくなります。

もし、どうしようもなく辛く、乗り越えられないようなことが起こったとしても、そばに家族がいて、笑顔で、「パパ、頑張って!」といわれたらどうしますか?

私なら、その困難は、絶対に乗り越えられるでしょう。



些細なことですが、忘れてはいけないことがあります。

「家族を、愛し続けること。」

私がフィリピンで起業して、やっとその言葉を見つけました。

支えてくれた家族に感謝します。



このブログをお借りして、ひとつだけ宣言しちゃいましょう。

頑張ってくれた女房と、我慢してくれた遊び盛りの子供にプレゼントです。

今週、絶対にマニラ・オーシャン・パークに連れて行ってあげます。
それから、イチローが大好きな、バットマンの映画にも連れて行きます。

言っちゃいましたね(笑)
できなかったら嘘つきですから。

行ったという証拠の記事が書けますように、期待していて下さい。



題名にあります、

「フィリピン人女房と日本人男性の夫婦は、幸せになれるのか?」

その答えは、

「もちろん!」

です。(笑)



blog_ranking_banner_02.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 03:27| Comment(15) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

小さな幸せ − マーティン・ニベラのミニコンサートにて

前回、幸せのことについて、ほんとに、ちょこっとだけ、日記みたいに記事を書いてみたら、やっぱり、「幸せ」っていう言葉には、人それぞれに感じるものがあるみたいですね。

「幸せ」について、コメントをいただいて、なぜか嬉しかったです。



私は、コメントのお返事に、

「女房と娘と息子の笑顔を見ることが、私の幸せかなって・・・。」

と書きました。

それは、大きな夢を持ち、それに向かっていくことも「幸せ」かもしれませんが、もっと身近で小さなところにも、「幸せ」ってあるのだということを、絶対に忘れてはいけない、ということかもしれません。


それを、証明するようなことがありましたので、今日はそれについて書いてみます。


おとといの土曜日のことです。

なんと、SMサウスモールに、あの大物シンガー、MARTIN NIEVERA(マーティン・ニベラ)がやってきたのです。

マーティンさんが、フィリピンでどれだけ凄いシンガーかといえば、私が思うには、間違いなくフィリピンで人気・実力ともNO.1の男性シンガーです。(キッパリ!)

私のフィリピン歴は8年ちょっとですが、もうフィリピンに来てからずっと私は、マーティン・ニベラさんのファンでした。

実は、昨年の暮れに、我がHappy Cream Puffが、レジーン・ベラスケスさん(はい、もちろんフィリピンNO.1の女性シンガーです)のコンサート・スポンサーに抜擢された時にも、ゲストシンガーとして出演していた、マーティンさんとお会いしていました。

そんなこともあって、私の家族は、もちろん全員が、マーティン・ニベラさんの大ファンなのです。

娘も、息子のイチローも、もう何日も前から「マーティン、マーティン!」と言って、この日を心待ちにしていたのです。


マーティンさんが、SMサウスモールに来た理由は、ニューアルバムのプロモーションのためですが、このマニラ郊外の庶民モールにまで出演を依頼してしまう、SMモールの巨大な力には、恐れいりました。(笑)

martin_nievera.JPG

ミニ・コンサートの時間は、30分くらいと短かったのですが、大汗をかいて熱唱していたマーティンさんのプロ魂はさすがでした。

コンサートが終わったあとには、お決まりの「サイン会」です。
実は、私達家族は、この「サイン会」に照準を合わせていました。

「このサイン会で、絶対に、マーティンに、シュークリームを渡すぞ!!!!!」

と、意気込んでいたのは、なにを隠そう私自身でした(汗)

CDを買って、長い列に並び、ドキドキしながら順番待ちです。

「ドキドキ、ドキドキ」

そして、やって来ました、私達の番!

イチローが、すかさずクリームパフの箱をマーティンに差し出すと、なんと、マーティンのリアクションはこれでした。

surprise_martin.JPG

すかさず、箱の蓋をあけて中を覗き込んだ、マーティンは、

「Wow! Happy Cream Puff!」と叫んで、この表情です。

中に何が入っていたのか気になりますか?

箱の中には、“新製品”の「プチ・ダブル・シュー」が入っていました。

写真をお見せしますね。これです。

petit_whip_puff_large_box_new.JPG

でも、こんなにマーティンが驚いてくれたのを見て、こちらも感激です。

そこから、また、マーティンが取った行動が凄かったです。

なんと、イチローを肩に担ぎ上げたのです。

child_with_martin.JPG

この1枚は、永遠に我が家の宝物です。

大スターなのに、凄く気さくな方なのです。
これで、またまた、マーティンの大ファンになってしまいました。

私もタガログ語で、マーティンとちょこっとお話しましたが、「ハルオ、ハルオ」と言ってくれて嬉しかったです。

CDアルバムに書いてくれた、サインはこれです。

CD_album.JPG

「Haruo」って書いてあります(嬉)


残念ながら、女房のマリセルは、お店に立っていて、一緒できませんでした。
でも、彼女も仕事優先とわかっていたので、後で写真見て、大喜びでした。


私は、やはり、普段から、子供と遊んでやる時間もありませんで、本当は、子供がかわいそうと思っていました。
でも、本当に、短い時間でしたが、子供達が大喜びする瞬間に立ち会えたことは、嬉しかったです。

マーティンと一緒に写っている、娘と息子の満面の笑みこそが、私がずっと探していたものかもしれません。

それが、たとえ、小さくても、

   「幸せ」


大きな夢を持ち続けることの幸せと、日常の中にある小さな幸せ。

それを、ちゃんと見極めることは大切なことですね。


心に残る、いい1日でした。



blog_ranking_banner_02.gif



にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 17:07| Comment(13) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

ここが変だよ、フィリピン人 パート3

皆様、お久しぶりです。

もう、全然ブログを更新していなかったので、「シュークリーム屋さん、やめちゃったのかなぁ」と思われていた方も多かったのではないでしょうか。

ブログは日記だよ

とか

気張らずに書けばいいさ

などと言った声も聞こえてくる、今日この頃ですが・・・


SMフードコートでの価格改定作業は、ホントに大変な作業でした。
ガソリンスタンドは、価格の電工掲示板があるので羨ましいです。
毎日の値上げも可能ですから(笑)


特に今回の価格改定は、メニュー構成そのものも変わっていますので、写真撮りとか、新しいメニューボードなども全部更新しました。

(ブログの更新をサボっていた言い訳をしているみたいですね、、、汗)


あまり、仕事のこと考えているのも疲れますので、今日は仕事から離れたことを書きたくなりました。

ということで、私がお気に入りの“ファミリー特集”でいってみましょう。

題して「ここが変だよ、フィリピン人 パート3」です。


先日、アラバン・タウン・センターに行ったときのことです。

あちこち歩き回って疲れたので、ちょっと一休みという感じで、フィガロというカフェに入りました。

この日は、女房のマリセルと、息子のイチローも一緒です。


レジで、私はラッテを注文して、後の二人は何を頼むのかと思ったら、

「グラス・ウォーター」

それは、無料です・・・(汗)

じゃ、3人でカフェに入ってコーヒーひとつの注文ということで、ちょっと恥ずかしいですね。

これが、出てきた「ラッテ」です。

figaro_coffee.JPG

デザインが入っていて、かわいいですね。
ということで、写真をパチリ!


そうこうしているとイチローが、

「ママ〜、グトムナ アコ」(お腹すいたという意味です)

マリセルはすかさず席をたって、イチローとともにどこかへ行ってしまいました。

私「おい、何処いくの?」

マリセル「ちょっと買ってくる」

買ってきたのは、ファースト・フード「ジョリビー」のバーガーステーキでした。

jollibee_burger_rice.JPG

フィガロのカフェに戻ってきてそれを食べ始めたので、

私「おいおい、ここはカフェだよ」

マリセル「大丈夫だよ」

私「・・・・・・・・・・」


恐るべし、フィリピン人、です。

ATC_bench.JPG

でも、なぜか、そんなところがかわいい女房と子供です。


それにしても、アラバン・タウン・センターはおしゃれでいい感じのモールですね。

ATC_atrium.JPG

(SMとはセンスが違いすぎますね)


という訳で、今日は、日記調で書けましたでしょうか。(笑)


blog_ranking_banner_02.gif

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

posted by Happy Cream Puff at 02:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

ここが変だよ、フィリピン人(パート2)

【シュークリーム・カフェ】をやります、と記事に書いてから、もうそれに向かって夢が膨らんでいます。

今からもう、あれをしよう、これをやりたい、ということがたくさんあるのですが、そういうことってやはり計画としてまとめていかなければなりません。

そもそも、カフェって何なのでしょうか?

カフェに対する想いは、人それぞれでしょうが、私が想うカフェとは、

「いつもの日常とは、かけ離れた世界で、極上のスイーツを楽しみながら、至福のひと時を過ごす。」

となります。

とすると、カフェを作って行く上で大切なことは、

「日常とかけ離れた世界」

「極上のスイーツ」

「至福のひと時」

このようなことを、いつも頭の中に入れながら、プランを練っていかなければなりません。

皆様のご期待に沿えるように、全く新しいシュークリーム・シリーズの投入なんかを考えていると、楽しくて、楽しくて仕方がないのです。

先日も、Sango!さんがお店にいらしていただいた時に、小倉あんの生シューが食べたいと仰っていました。

これは、いただきですね。

他にも、モンブランみたいなシュークリームとか、フルーツ系とか、考え始めるとキリがありませんけれど、試作とかした時には、このブログでも紹介していきたいと思っています。

読者の皆様も、こんなシュークリームをやって欲しいとうことがありましたら、どしどしご意見をいただきたいと思っております。

どうぞ、よろしくお願い致します。


これで、記事が終わってしまうと味気ないので、今日は特別サービス(?)で、好評!ここが変だよ、フィリピン人(パート2)をお送りします。

まずは、この写真。

ichiro_batter.JPG

再々登場の、ジョン・イチローです。

別に変じゃないですって。
まあそうですね。ピッチャーを睨みつけていい顔しています。
左下にイチローのバブルヘッドドールがありますね。
これは、我が家がイチローファンの証ですね。

それでは、どこが変なのでしょうか?

はい、バットのグリップが反対です。

私「イチ、右手と左手が反対だよ」

イチロー「これでいいんだよ」

私「でも、バット振れないでしょ」

イチロー「できるよ!」

これで、ホームランをかっ飛ばします。

人と違うことをやって、結果を出すのですから、将来大物かもしれません。



もうひとつ。

先日、地元ミニコミ誌用に広告を作っていた時のことです。

日本のスイーツを紹介するのには、何がいいかと思って、日本地図のシルエットを画像で加工していました。

これです。

japan_map.JPG

女房のマリセルがやってきて、その作業をみながらいいました。

マリセル「何してるの?」

私「広告に地図を貼り付けているんだよ」

マリセル「それってフィリピンでしょ」

私「・・・・・」



今日は、ここまでです。


blog_ranking_banner_02.gif
 ↑ 面白かったらクリックしてくださいネ


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

 ↑ こちらもクリックしてランキングを上げましょう

posted by Happy Cream Puff at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。