2009年11月05日

「 アストロ・ボーイ 」、子供と過ごした至福の時間

今日は仕事から離れて、久しぶりにファリミーのお話です。

この仕事をしていると、一年間でお店がお休みの日というのはほとんどありません。
昨年は、1年の内でSMモールが2日だけお休みでしたので、それに合わせて2日間だけお店が休業になりました。

今年になってからは10月まで1日も休みの日はありませんでした。
誰も私の代わりは居ませんので、お店が営業していればやはりそれが気になってとてもゆっくりすることはできません。

先日のことですが、11月1日はハロウィンでした。
私は、お店を開けたかったのですが ( おいおい・・・ ) スタッフ達が全員里帰りしたいという希望もありまして、この日だけはマカティ店とレガスピ・ビレッジ店の両店とも休業することにしたのです。

せっかくのお休みなので、やはり私もちょっとゆっくりしたいという気持ちもありましたが、もう長らく家族サービスもしていないしな〜、という気持ちもありました。

まあ、本音をいうと、子供達と遊びたいということでしょうか。(笑)


少し前に、ジョリビーに行ったのですが、子供のおもちゃ付きキッズミールが 「 アストロ・ボーイ 」 だったのです。

AstroBoy_toy.JPG

私は、そのアストロ・ボーイの人形を手に取りながら、とても懐かしい気持ちになりました。

鉄腕アトム

私がイチローくらいの子供時代には、本当にアトムが大好きでした。
アトムや鉄人28号を見て育った世代です。

恥ずかしながら、その時までアトムがハリウッド映画「 ASTRO BOY 」として製作されていたことを知りませんでした。(汗)

AstroBoy_Poster2.JPG
( 画像はASTRO BOYオフィシャル・サイトより借用 )

で、それからずっとこの映画のことが気になったいました。


久しぶりの休日。

私 「 おいイチロー、アストロ・ボーイを観に行こうか? 」
イチロー 「えっ、本当? わー、やったー!」
     「 アストロ・ボーイ! 」
     「 アストロ・ボーイ! 」
     「 アストロ・ボーイ! 」
と大喜びです。

だいぶ前に、「 ワイルド・スピード4 」を観に行ったら、13歳以下の子供お断りで涙を飲んで帰って来たという悲しい思い出もありました。(泣)
( その時のこともこのブログに書きましたね・・・ )

とにかく、映画に行くと言っただけで、こんなに喜んでくれて、私も嬉しくなりました。
親父の気持ちとしては、40数年前に自分が熱狂したスーパーヒーローを、息子に自慢したかったのかもしれません。(笑)


そして、いそいそと映画館へ。
ポップコーンとレモネードを買い込んで、すっかりバケーション気分です。

映画が始まりました。
と同時に、その映像の綺麗さに引き込まれていきました。
とにかく細部まで丁寧に描きこまれたキャラクターが凄いと思いました。
テンポ良く進んでいくストーリー展開や、飽きさせることの無いアクション場面の連続で、子供も大人も大満足の映画です。

そして何より素晴らしかったのは、40年前と変わらないアトムが目の前にいたことです。
ロボットでありながら、優しい心と、正義感溢れる魂をもったアトム。
何より、親と子の 「 心の絆 」 の描き方が素晴らしかったです。

特に、ラストシーンは感動の嵐でした。
もともと私は泣き虫ですから大変です。
溢れ出る涙をハンカチで拭っていると、隣のイチローが、
「 パパ、イヤック、カ?( 泣いてるの? )」
と聞かれてしまいました。

久しぶりに、いい映画を見せてもらいました。
素晴らしい映画を作った人達にも感謝しています。
そして、これほどまでに素晴らしい映画をイチローに見せることができて良かったです。
51歳の親父と、6歳の子供が同時に楽しめる映画なんて、そんなにたくさんは無いのではないでしょうか。


映画から帰ってきてからも、イチローはすっかりアストロ・ボーイがお気に入りになった様子です。
そんなイメージ写真がこれです。

ハイ、チーズ!

ichiro AstroBoy.JPG




しかしこの映画を観て、イチローよりさらに 「 アトム 」 が好きになったのは、私自身だということは言うまでもありません。(爆)







blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

タバチンさん御一家がご来店になりました

前回の記事で、マカティのレガスピ・ビレッジへ出店が決まったことを書きましたが、その後の記事が続かないというのも、なにげに(爆)という感じですね。

前回の記事に対して、「 開業を楽しみにしている・・・ 」 というコメントいただきまして嬉しい限りです。

現地へ行って、「 Soon to OPEN! 」 の張り紙も見たとのコメントもありましたね。

それがこの写真です。

legaspi soon to open.JPG


Soon to OPEN!
もうすぐ開業、という意味ですが、それではいったいいつ開業するのという声が聞こえてきそうです。

ここは、マカティ市の中心部なので、お店を出店するのには、難しいプロセスがあります。


ひとことで言ってしまえば、「 お店を出店するということは、簡単ではない 」ということになります。

苦しんで苦しんで苦しんだ末に、出来上がったお店だからこそ可愛いと思えるのではないか、と言っておきましょう。(笑)

進捗状況は、また追ってこのブログに書いていきたいのは山々ですが、ブログを書いている時間が・・・・・(・・大汗・・)



さて、話は変わりますが、フィリピンにタバチンさんが来ておりまして、昨日の便で日本にお帰りになられました。

タバチンさんのフィリピンでの行動は、ご自身のブログにてご確認下さい。(笑)

http://ameblo.jp/tabaching/

ブログから読み取れますように、フィリピン滞在中に実りある行動ができたようで、私も嬉しく思いました。

そして、この巨体の友人は帰国する直前に、私のお店にさわやかな笑顔でやって来てくれました。

その時の写真です。

tabaching family.JPG


素晴らしい記念写真です。

私達家族と、タバチンさんのファミリーは、いつもこんな感じで、家族ぐるみのお付き合いをしています。

タバチンさんの隣が奥さんのクリスティーです。
お二人の間が娘さんです。
一番左端がクリスティーのお父さんで、そのお隣がクリスティーのお姉さんです。
そして、クリスティーのお母さんはいつも若々しくて元気です。


現在は、ご家庭の事情もあり、日本で暮らしているタバチンさんですが、私はタバチンさんが胸の内に秘めている大きな夢を誰よりも良く知っています。
フィリピンで、このご家族と共に幸せに暮らしていくことを、いつも私に熱く話して聞かせてくれたからです。

その夢を実現されるためにも、今回の来比での 「 かいしんの一撃 」を実りあるものに繋げていって欲しいものです。

そして、いつの日か近い将来に、このフィリピンの空の下で、一緒に頑張れる日がくることを願っています。

タバチンさんのファミリーの皆様も、遠い所 ( ブラカン ) からわざわざお店までお越しいただきましてありがとうございました。








blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 03:22| Comment(4) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

Mother's Day in Hard Rock Café

マニー・パッキャオさんの記事を書いてから、1週間も経ってしまいました。(汗)

それではいかんと反省しつつ、今日は特別な一日でしたので、そのことを記事に書いてみようと思います。

特別とは、「 母の日 」 のことです。


今日は、女房のマリセルが主役です。
いつも、仕事と家事に頑張ってくれているお母さんに、2人の子供と私から、「 Thank you 」の贈り物です。

ということで、行ってきました。

Hard Rock Café


ハード・ロック・カフェは、私が最も好きなレストランの中のひとつなのです。

どうして、そんなに好きなのかって??

それは、もちろん私が、(音楽の) ハード・ロックが好きだからです。(笑)


こんなエピソードもあります。
起業する何年も前に、社員旅行でハワイに連れて行っていただいた時の思い出です。

実は「 アメリカへ行ったら必ず、Hard Rock Café へ行くんだ 」 と決めていたのです。
確か、空港から直行した記憶があります。
タクシーに乗り込んで、「 I want to go to Hard Rock Café! 」と、運転手さんに告げて、正面玄関に乗りつけました。

「 すごーい!、これがハワイのHard Rock Caféだ!」
と、まるでお上りさんのようです。(爆)

店内に入って、またビックリです。
なにから何まで、アメリカそのものなんです。
料理もてんこ盛りで出てくるし、ウエイトレスの方もアメリカ人です。(笑)

それ以来、このレストランが忘れられなくなりました。
強烈な印象を与えられました。


話を戻します。
行ってきました、Hard Rock Café マカティ店。


これは、何だか久しぶりのファミリーピクチャーです。

hard rock cafe.JPG


店内は、こんな感じです。
壁一面に、ギターやポスターなどが飾られていて、最高の雰囲気です。

hard rock2.JPG


私はといいますと、大好きな場所に来られて、なにやらにやけています。(爆)

hard rock1.JPG

これで、USビールでも片手に持っていればいいのかもしれませんが、残念ながら私はお酒を飲みませんので、(写真には写っていませんが)マンゴジュースで乾杯です。


食事も終わる頃に、丁度、ライブバンドが始まりまして、家族共、大喜びで観せてもらいました。

hard rock3.JPG


食事が終わりまして、店内に併設されているショップに寄りました。
このショップも見ているだけで楽しいですね。

hard rock4.JPG

この時期は、丁度、ボン・ジョヴィ特集で、左側の黒いTシャツは、ジョン・ボン・ジョヴィさんのサイン入り特製Tシャツです。
Tシャツの説明は、こちらのページに解説があります。
http://www.hardrockjapan.com/merchandise/2009_bonjovi_sig26.asp

このTシャツを私が買ったのか?
それは、秘密です。(笑)


とにかく、楽しい一夜でした。
マリセルも喜んでくれました。
子供達も、ライブ演奏にのめりこんでいました。
いつも、仕事仕事で、夫婦や家族がゆっくりできない、コミュニケーションが取れない、みたいなことは、やはり、いい訳がありません。

明日の仕事を、また頑張るためにも、こういうひと時が充電になるのだと思いました。

イチローが最後に私に言いました。

イチロー 「 次は、チャイニーズを食べに行きたい 」
私 「・・・・・・・・・・」(汗)




最後に、この1枚の写真です。
実は、この写真には、とても大きな意味があります。

jon bon jovi.JPG


大きなポスターは、ロック界のスーパースター、JON BON JOVI (ジョン・ボン・ジョヴィ )さんです。

息子のイチローが一緒に写っていますね。
イチローの本名は、JON ICHIRO YAMAGISHI です。

JONが同じなんです。

何を隠そう、イチローの「 JON 」は、JON BON JOVIさんの「 JON 」です。
男の子が生まれたら、ジョンにしようと決めていました。
私の願いは、イチローがロック界のスーパースターになって欲しいことです。(笑)
それほどまでに、私はボン・ジョヴィの曲が好きなのです。

当の本人のイチローは、「 将来はマネージャーになる 」と言っていますので、私の想いは届きませんでしたが(笑)、いつの日か、大きくなって、この写真に込めたお父さんの気持ちを思い出してくれたら、ちょっと嬉しいかもしれません。

そうだ、イチローの7歳の誕生日にはギターを贈ってみよう・・・







blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 04:24| Comment(6) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

Fast and Furious 4

かなり以前のブログ記事に、息子のイチローが誕生日になったら、どこかへ遊びに連れて行ってあげようと書いた覚えがあります。

イチロー自身は、カーアクションの映画が見たいと言っていました。

これです。

fast and furious4.JPG

Fast and Furious 4

これを見ただけで、カッコいいですね〜。

日本では、 「 ワイルド・スピード 」 という邦題ですが、このシリーズは、世界中で大ヒットしましたね。

私も、この第1作目を見た時には、感動した覚えが、( おいおい、本当にカーアクションで感動するのかい・・・汗 )あります。

実は、私は密かに、この映画の主演男優のポール・ウォーカーさんのファンでもあります。(笑)


イチローはといいますと、

「 ファスト・アンド・フュリオス 」
「 ファスト・アンド・フュリオス 」
「 ファスト・アンド・フュリオス 」

と、遠まわしに、私にプレッシャーをかけてきます。(笑)

「 でも、私は忙しいんだ! 」

と、息子に言い訳をしながら伸ばし伸ばしにしてきましたが、やはり、イチローを遊びに連れて行ってあげると約束もしていたので、一大決心をして、映画に行くことにしました。


そして、やってきました、パワー・プラント・モール!

いつきても、このモールは素晴らしいです。
いつの日か、このモールにお店を持ちたいな、と思いながら、シネマエリアへ直行です。
ちなみに、娘は 「 行かない 」と軽く断られてしまいました。(笑)
カーアクションには全然興味ないようです。
ですから、私とマリセルとイチローの3人です。


それにしても、映画を観る前は、ワクワクするものです。
どんな映画かなと想像しながら、期待に胸を膨らませてしまいます。


チケット売り場で、

私 「 大人2枚、子供1枚 」

売り場の女性 「 R-13 ですけれど 」

私 「 はっ? 」

売り場の女性 「 13歳以下のお子さんは観れません 」

私 「 でも、両親が一緒です 」

売り場の女性 「 はい、残念ですが・・・ 」

私 「 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 」


頭の中が真っ白で、何も言葉が出てきません。
R-13 とは知りませんでした。
せっかく映画館まで足を運んだのに、なんということでしょうか。
楽しみにしていたイチローに何と言えばいいのでしょうか。
でも、正直に、イチローに言いました。

「 イチ、ごめんね。子供は観れないんだって・・・ 」

そしたら、なんと、イチローは、

「 いいよ 」と言って平然としています。


イチローに泣かれると思っていましたが、なんという優しい奴でしょうか。

でも、イチローが理解してくれたので、この件は、一件落着です。
映画を観ないで帰ることにしました。
これで、このお話は終わりです。

いえ、違います。

そのシネマ・エリアに未練タラタラで、立ちつくす一人のおじさんがいました。

そうです、私です。

何と、一番楽しみにしていて、一番観たかったのは、イチローではなく、私だったのです。(爆爆)







blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 04:24| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

ジョン・イチローの誕生日

今日は、また家族ネタです。

イチローが6歳になりました。

ichiro 6th birthday1.JPG


目の前のケーキは、特製クロカンブッシュ・・・ ではなくて、レッドリボンのウベ・ケーキです。(汗)

ローソクが、6の形になっていて可愛いですね。
ちなみに、このケーキは甘さ控えめで美味しかったです。

それと、今日のご馳走は、特製スパゲティーと食パン・・・(また汗) です。
でも、マリセルはレストランをやっていたこともあり、スパゲティーの味はOKです。
比庶民ではありえない(爆)アルデンテに茹であげます。このミートソースは美味しかったです。


ichiro 6th birthday2.JPG

おめでとう、ということでファミリーも集まってくれました。
(写真には、写っていませんが、もっと大勢いるんです・・・)


ichiro 6th birthday4.JPG

この写真は、マリセルの弟の一家です。
小さい男の子はプリンス君で、イチローのいとこですね。




ホーリーウイークでもあり、誕生日なのに、何処へも遊びに連れていってやれなくてかわいそうですが、私もマリセルも仕事があるので仕方がありません。

今は、仕方ないのかもしれませんが、ゆくゆくは家族とゆっくり遊ぶような時間がとれるような仕組みも作っていきたいと思っています。


ichiro 6th birthday3.JPG


日本のおじいちゃんとおばあちゃんからも、メールでグリーティング・カードが届いていて、イチローも大喜びでした。


次のイチローネタは、入学式です。
私は、もっと頑張らなければなりませんね。(笑)







blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 07:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。