2009年04月08日

アヤラ・モールからのオファー(出店依頼)

またまた、記事を書くタイミングがずれ込んでいまして、今日のことは、先週のことです。

少し前に、アヤラ・モールからの手紙について記事に書きましたが、
http://happycreampuff.seesaa.net/article/115833223.html#comment
今日の話は、その続編ということになります。
その時のお話は、結局、すぐに空いているテナント物件は無いということで、仕方なく涙を飲んだということでした。


もし、仮に、アヤラ・モールに入れる物件があって、 「 アヤラ・モールに出店しませんか? 」 と言われたとします。

どうしましょう?
あなたなら、どうしますか?

私なら、喜んで、迷うことなく、アヤラ・モールさんに出店するでしょう。

アヤラ・モールさんに出店することが、私にとってどれだけ大きいことかは、私でないと解らないかもしれません。

3年前に、出店場所探しをしていたときに、SMさんにもアヤラさんにも、フェスティバルさんにも全然相手にしてもらえなくて、唯一、メトロポリスという庶民モールの片隅に、10平方メートルの場所をお借りしました。

そういう、苦しかった時代があったからこそ、アヤラ・モールという名前は、私の中では、憧れの存在であり、夢のモールです。
それとともに最大の出店場所の目標と言ってもいいかと思います。

もし、アヤラ・モールに出店できれば、アヤラ・モールに出店しているブランドという称号をも得ることになりますので、その効果だけでも凄い価値があるからです。

さらに・・・

憧れの、「 ボニファシオ・ハイストリート 」に、続く道が、そこにあるかもしれない・・・・・

私は、ずっと以前に、シュークリームが売れないで苦労していたときに、初めてボニファシオ・ハイストリートをこの目で見ました。

そして、その場所のあまりの素晴らしさに、その光景は私の脳裏から離れることはありませんでした。
フィリピンとは思えない洗練された街並みと、そこに並んだ超ブランドのショップは、私に感動を与えてくれました。

「 素晴らしい 」

特に、クリスピー・クリーム・ドーナツというお店に、私は釘付けになりました。
ここも、素晴らしいお店でした。
大きくて、綺麗で、アトラクティブで、なんといってもカッコいいんです。
巨大な機械でその場でドーナツを作っているのも凄いです。

そして、私は、いつの日か、このようなお店を、このハイストリートに出店したい・・・

それが、私の大きな夢になりました。
夢というよりも、最終目標かもしれません。

ですから、それ以来、Happy Cream Puffのハイストリート店をいつもイメージしています。
夢を現実にしようと努力しているのですね。( 引き寄せの法則です)


話を現実に戻しますと、今は基礎を固めることですね。
何といいましても、まだ2店舗目が、オープンしたばかりです。
まだまだ小さいお店です。
ここを、美味しい評判のお店にしなければなりません。

そして、基礎ができてきましたら、ぜひともアヤラ・モールさんとの友好な関係を築いていきたいです。
そうすれば、将来、その先に、ハイストリートが見えてくる可能性があるからです。

こういうことうを考えている時って、幸せを感じます。
現実の困難ということもありますが(笑)、やはりその困難を乗り切るパワーとは、未来を見ている自分がいるからこそなのかなと思います。



ここまでは、前置きです。 ( 長くてすいません・・・汗)

アヤラ・モールさんは、出店場所があれば連絡してくれると約束してくれていたのですが、先日に、その約束通りに 「 空き物件が出た 」と連絡をくれたのでした。

モールの場所は、 「 アラバン・タウン・センター 」です。


アラバン・タウン・センター

実は、このアヤラ・モールには特別な想いがあります。

なぜなら、私がメトロポリス・モールで開業したのもアラバンでして、売れずに苦労しながら、デリバリーに行くときも、いつもアラバン・タウン・センターを横目に見ながらバイクで走っていました。

デリバリーの帰り道に、しょっちゅうここに立ち寄って、「 このモールにお店を持ちたいな〜 」と想っていました。

つまり、大好きなモールであり、憧れのモールだったのです。
モール自体のデザインも南欧風の建物で統一されていて、南国風リゾートのイメージがこのモールの特徴です。


不思議なものです。
その憧れのモールから、 「お店を出しませんか? 」と言われたのです。
嬉しいといえば、嬉しいのですが、それ以外の複雑な気持ちは、表現のしようがありません。
開業して2年半。
その苦労の道のりを経験した、私と女房のマリセルだけが解る不思議な感覚なのです。
つまり、飛び上がって喜んでもいいようなお話ですが、私とマリセルは、その場所が本当にHappy Cream Puffにとって最適な場所なのか??? というところから見るように、頭の構造が、そうなっているということでしょうか。


写真を撮ってもいいとの許可をいただいたので、撮ってきました。

物件は、アラバン・タウン・センターの中で、2箇所です。

最初は、なんと、フードコートです。(爆)
フードコートというと、やはり、苦労したイメージが身体中に染み込んでいて、あまり良い印象がありません。

言葉で場所の説明が難しいので、写真をお見せしましょう。

alabang town center foodcourt.JPG

「 サブウェイ 」のサンドイッチ屋さんが見えますが、その手前にあるカフェテーブルが置いてあるエリアが出店可能場所とのことです。
ただし、店舗の形態は、キオスクとなります。
イメージ的には、メトロポリスに出したキオスクのイメージが近いかもしれません。

実は、このアラバン・タウン・センターのフードコートは、独特な雰囲気を持っています。

写真で説明します。

alabang town center atrium.JPG

これは、アラバン・タウン・センターの巨大な吹き抜けですが、フードコートが写真の右側、2階部分に見えます。
つまり、SMサウスモールの地階のフードコートと違って、他のブランドショップが集まる、こんなにおしゃれなエリアであるということです。

私もこの場所に立って、ずーっと立地を考えていましたが、なかなか良い場所であることが解ってきました。
この吹き抜け(アトリウム)自体が、このモールの中心なのです。
つまり、なんだかんだといっても、この場所はアラバン・タウン・センターであるということです。
私はアラバンにお住まいのお客様のことを把握しておりますから、アラバン地区のお客様は、このモールが一番近いことも知っています。

ですから、Happy Cream Puffの出店場所としましては、アラバン・タウン・センターは願ってもない出店場所です。


次の写真は、同じアラバン・タウン・センターの中の、シネマ地区になります。
私は、このシネマ地区の雰囲気が大好きで、よくここを歩いていました。(笑)

alabang town center cinema.JPG

この写真は、出店場所を示すものではありませんが、シネマ地区の雰囲気はこんな感じです。
ここは、現在すぐ空きがある訳ではなく、来月に空きが出るとのことでした。
ここの物件は、キオスクではなく店舗だそうです。

alabang town center starbucks.JPG

これは、参考写真ですが、私も大好きなスターバックスさんです。
やはり、シネマ地区にあるカウンタータイプの小さいカフェですね。
Happy Cream Puffが、このシネマ地区に出店するとしたら、こんな感じになるかもしれません。
ちなみに、私は直感的に、このシネマ地区は 「 いいな 」 と思いました。
ちょっと、照明の雰囲気が暗めに設定してありながら、スタバさんをはじめとする魅力的な飲食のお店が並んでいるからです。
その中で、Happy Cream Puffなら、目玉的な存在になるかな・・・・・ なんて、勝手に思っています。(笑)



まあ、今日は、自分の思っていることを素直に書かせてもらいました。

今の私にとりましては、本当に光栄なお話です。

でも、実際にここに出店できるのか?、というとそれはそれでまた超えなければならない高いハードルがあることも事実です。
特に、今は、マカティ店を開業したばかりです。
私も身体がひとつしかありません。(汗)
息子を遊びに連れて行かなければなりませんし・・・(また汗)



それから、この日、もうひとつ別のモールからもオファーがあり、見に行ってきました。 ( 精力的な私です、笑 )

パビリオン・モール

サウススーパー・ハイウエイのマンプラサン・インターチェンジ ( ブレント校があるところです ) から、クルマで5分のところなので、ちょっと郊外のモールです。

pavilion mall.JPG


出店可能場所は、ここです。

pavilion mall inside.JPG

なぜか、エスカレーターの下です。(笑)
以前も、SMノースエドサとSMリパでエスカレーターの下を勧められました。

ここは、アヤラさんとは違って、かなりの庶民モールでした。

この場所は入り口に近く、誰でも通る通路ですし、隣にジョリビーさんがありますから、エスカレーターの下という小さなスペースでもそれなりの量が売れるかなとも思いました。

ここは、遠いので、すぐに出店することは無理ですが、担当のマネージャーからはぜひ来て欲しいと頼まれました。
嬉しいことです。



私の理念には、フィリピンで多くの人に、Happy Cream Puffを食べていただきたい、ということがあります。
その想いは、今も変わることはありません。

そして、そのためには、多くの場所に販売拠点を持つということに繋がります。
ですから、せっかくの出店のお話をいただいた時には、必ずその場所を見に行っています。
現在は、2店舗しかありませんが、見に行った場所としましては、もう何十という数になりました。
そして、この仕事を続けている限り、この誘致という状況はずっと続いていくことも知っています。
この先は、もっとオファーが増えてくると思います。
ホーリーウイーク明けには、オファーが来ているSMバタンガスにも行きたいです。

そして、今日書いた記事は、やはり、私にとりましては、エキサイティングな部分でもあり、このブログにも書いていて面白いところなのです。


また、素敵なオファー(誘致)のお話が、ここで紹介できますように、これからも頑張ります。


今日は、ここまでです。(疲)







blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ



posted by Happy Cream Puff at 06:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

Jack Canfield - Live in Manila!


Jack Canfield
ジャック・キャンフィールド

日本では、この方のお名前を知る方はあまり多くはないと思います。
最近では、日本でも、「 ザ・シークレット 」 の中に登場する一人として知られるようになったのかもしれません。

今日のブログの記事では、ジャック・キャンフィールド氏のことを、親しみを込めて( 笑 )、ジャックと呼ばせていただきます。


日本では有名ではないジャックも、本国アメリカでは、超有名・人気の 「 サクセス・コーチ 」 です。

そして、私と女房とHappy Cream Puffにとりましては、ジャックは最も大きな影響を受けた 「 成功法則の伝道者 」 と言っても過言ではありません。


その、ジャックがフィリピンにやってきます。

題して、 「 Jack Canfield - Live in Manila! 」


jack canfield live.JPG


2009年4月30日(木)
場所は、Dusit Thani Hotel ( Makati ) です。

今月末ですから、約1ヶ月くらい先の話です。
フィリピン在住の皆様はぜひご参加下さい。という閉め言葉で終わってしまいそうですが、そうではありません。(笑)


実は、今日のブログ記事は、私が最も書きたかったことなのかもしれません。
これから書くことが、もし無かったら、Happy Cream Puff も無かったかもしれないからです。

それほどまでに衝撃的な、ジャックとの出会いだったのです。




2006年10月2日

その日は、今から丁度2年半前になります。

私は、もうその頃はHappy Cream Puffの開業準備に入っていましたが、後戻りできない恐怖と、迫り来る開業の期待と不安の波にもまれていました。

私自身のブログには、あまり書いてはきませんでしたが、実を言うと、私は、 「 成功 」 に関する本を数多く読んできました。
本のタイトルに 「 成功 」 という文字を見つけると、その本の内容が気になって気になって、そして読まないと気がすみません。
ですから、私の家には、「 成功 」 に関する本がたくさんあります。(笑)


開業準備にいそしんでいたある日、新聞の広告に、「 SUCCESS 」という文字をみつけ、そこで目が留まりました。
実を言うと、その新聞記事は、切り抜いて、今でもバッグの中に入れて持ち歩いています。
なぜなら、私はこの広告をまるで、 「 御守り 」 のように思っているからです。
( 写真を添付しようと思いましたが、カメラが手元に無いので、別の機会に紹介したいと思います )

その広告には、
Jack Canfield – Live in Manila! 2006
と書いてありました。

Jack Canfield???
ジャック・キャンフィールド???
この時点で、誰だか解りません。(笑)
でも、直感で、 「 この人は、凄そうだ! 」 と思いました。
その後は、ネットで、ジャックのことを調べまくったことを覚えています。

翌日には、このセミナーのチケットを予約していました。
つまり、この人の成功法則を学んでから起業することこそが、成功への道だと確信したのです。

今から、思っても、その直感は正しかったと思います。

2006年10月2日
この日のセミナーが、私の人生を変えたのかもしれません。
それほどまでに、ジャックのセミナーは凄いパワーだったのです。


私は、「 成功 」という言葉をいつも心の中においています。
成功に向かって毎日を生きていると言っても過言ではありません。

私は、まだまだ成功とはほど遠いとこでもがいていますが、シュークリームで起業して、目指す先には、必ず成功があると信じています。
その気持ちがあるからこそ、困難に立ち向かいそれを乗り越えることができると、いつも思っています。
もし、私が、成功なんていらないと思ってしまったら、その時点で、事業なんてやめてしまった方がいいからです。


私は、ジャックから教わった成功法則の中で、いままで、一日も忘れたことのない、心に刻んだ言葉があります。
そして、それこそが、ジャックの成功法則の原点でもあります。

その法則とは、

TAKE 100% RESPONSIBILITY FOR YOUR LIFE

「 自分の人生に全責任を持つ 」


これは、簡単なようで、簡単なことではありません。
この言葉に出会う前に、長い人生を歩んできた訳ですが、それまでに、そういう考えを知らずに生きてきたことを悔やみました。
考えてみると、多くの人は、自分の身に起こった不幸なことや、失敗したことなどを、必ず 「 誰かのせい 」とか 「 物事のせい 」 にしてしまいがちです。
実際に私もそうでした。

しかし、もう一度、自分の人生を深く考えるべきです。
自分の人生です。
誰も、自分の人生なんか作ってくれません。
自分の行き先に素晴らしい世界があるかどうかを決めるのは、たった一つ、現在の自分だけです。
それを、ジャックが教えてくれました。

もう一度繰り返します。

「 自分の人生に全責任を持つ 」

素晴らしい言葉です。
そして、もちろんこれが、成功の第一法則です。


ちなみに、第二法則は、

「 自分は何をするためにこの世に生まれてきたのか? 」

という、またまた心に残る言葉があります。
私は、ずっと長い間、その答えを考えたことはありませんでしたが、今では、その確かな答えを心の中にしっかり持っています。
長くなりますので、それにつきましては、また別の機会に記事にしてみようと思っています。



jack canfield seminer3.JPG


jack canfield seminer1.JPG


jack canfield seminer2.JPG


全身から、すさまじいオーラを発しながら、エネルギッシュに立ち回る、このアメリカから来たサクセス・コーチは、誰が何と言おうと、本物の偉人です。


そして、このジャックのセミナーの直後に、Happy Cream Puff をメトロポリス・モールに開業するという物語に繋がります。




この写真は、常に私のデスクの上に飾られています。

jack canfield seminer4.JPG

この写真を見ていると、「 この世の中で、できないことなど何も無い 」と思えてきます。
成功するために、ジャックに会いにいったからです。




あなたも、ジャック・キャンフィールドのセミナーで人生を変えてみませんか?


その日は、2009年4月30日です。







blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

明日に向かって走れ!

読者の皆様、お久しぶりです。

随分長いあいだ、ブログの更新ができませんでしたが、本当に忙しかったのです。(汗)

やはり、新しいお店ですから、一度開業してしまえば、あとはノンストップです。
突き進まなければなりません。

必ずやってくる 「 毎日 」をなにげなく過ごすのではなく、精一杯に生きることが私の使命だとしたら、やはりそれに向かっていかなければなりません。


マカティ店を開業してから、嬉しいこと、悲しいこと、歓喜、困難、感動、落ち込み・・・、まあ何と言ったらいいのかよく解りませんが、とにかく私の人生にとっては、激動の時間となっています。

どういうことかと言うと、このお店を始めてから、お店や私を取り巻く状況が、めまぐるしく動いているということです。
詳しくは、追々このブログにも書いて行きたいと思っています。



開業してから、しばらくの間は、私はこのブログで、お店の紹介とか、製品の紹介、または、立地がどうのとか、駐車場はこことか書いてきましたが、実は、そういうことは書いている自分自身でも、面白くなかったのです。(汗)

つまり、このブログの趣旨は、お店を作って、そこでの奮闘記を書くということではないということです。

ここから、次は何処へ向かって走り出そうか・・・?

応援していただいている方々も、そういう話を楽しみにこのブログを読んでくれているのではないでしょうか。


私のブログの原点は、PDF小冊子にまとめた 「 起業物語 」 です。
そこには、もうダメだ!、と追い込まれたところから、何事もあきらめずに、信念を持って進んで行ったストーリーが書いてあります。

私がこのブログに書かなければならないことを、もう一度よく考えてみると、結局、このPDF小冊子に行き着きます。

その続きを書くことが、このブログ 「 フィリピン・シュークリーム・起業物語 」なのです。


では、

・起業の心構え
・成功法則
・野望とか目標・・・

を毎回書こうかと思いきや、そんなことばかり書いていたら、また疲れてしまいます。(爆)

インディー・ジョーンズでもありませんから、ハラハラ・ドキドキのドラマチックな立ち回りもできません。(笑)

でも、でもです・・・・・

私の頭の中には、しっかりとしたビジョンがあります。
それを短い文章で表現すると次のようになります。

「 フィリピンという、生まれ育ったことのない未知の国ではあるけれど、
小さな一個人から見れば、とてつもなく大きな可能性を秘めた国であり、
私の周りを見渡せば、そこには、フィリピンの人達がいる。
そして、私は、この国で何をするべきなのか?
自分の決めた道を、迷わずに歩いていく。
そして、悔いの無い人生を貫き通す・・・・・ 」


それを形にし、表現したのが、Happy Cream Puff でした。

私は今、やっとスタート地点に立ったように思っています。
そして、私は、これから誰も知らない道を進んでいきます。

明日に向かって走り出します。






私が大好きな曲です。
「 何も見えない明日に向かって走る 僕等がいたね♪ 」
(素晴らしい歌詞ですね)




オフコース NEXTのテーマ - 僕等がいた





blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 04:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

ひっそりと本開業しました

一昨日のことになりますが、実は本開業をしたのです。

ただし、この本開業の意味は、全ての営業許可が揃って、正式に営業ができるようになりましたという意味合いが強いと思います。


もう以前から営業していたことと、私が体調を崩していたこともありまして、いまさらオープニングを大々的にするという状況でもありませんでしたので、今回は、特に告知をすることもなく、本開業を迎えました。

しかし当日は、「 ハッピークリームパフ推進委員会(笑)」の、Akiraさんから素敵な花束が届きました。

flower1.JPG


本当に大きいですね。

flower2.JPG

Akiraさんには、この場をお借りいたしまして御礼を申し上げます。
どうもありがとうございました。



今日は、もうひとつ記事があります。

昨日、予告いたしましたように、新聞に記事がのりました。
私も予告しておきながら、もし、新聞に記事が無かったらどうしようと、内心ヒヤヒヤしながら新聞を開きましたら、ちゃんと記事が掲載されていて良かったです。

小さな記事とは、聞いていたので、「小さい、小さい」と自分に言い聞かせていましたが、やはり小さかったです。(笑)

しかし、この新聞は巨大部数を誇るフィリピンの全国紙です。

写真でお見せしますと、こんな感じです。

life style 3.19.09.JPG


記事の部分を拡大してみましょう。

life style 3.19.09 zoom.JPG

写真は、私の好きなバナナ生シューですね。

この記事で、昨日一日に、お店の方へ多くの問い合わせ電話がありました。
無料でこんなに素晴らしい記事を掲載していただきました、インクワイヤラー新聞さんに感謝いたします。





blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ



posted by Happy Cream Puff at 03:28| Comment(8) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

アヤラ・モールからの手紙

昨日の記事にちょっと書いたのですが、私は、マカティ出店を計画するにあたり、一番お店を出したかった場所は、ショッピング・モールだったのです。

今日は、モール出店に関するエピソードを書いてみます。

2008年10月1日
忘れもしない、日本へ行く前日のことでした。

フィリピンのポストオフィースから、1通の封筒が届きました。
そして、そこにはなんと、アヤラ・モールからの手紙が入っていました。


ayala_mall_letter_s.JPG


何が書いてあるかというと、

「Happy Cream Puffのブランドと製品は、アヤラ・モールへ出店することを正式に認められました。」

というようなことが書いてありました。

この手紙は、本当に嬉しかったです。
丁度、開業してから、2年後にこの手紙を手にしたことになります。
そして、私はこの手紙が欲しくて欲しくてたまりませんでした。
ここまで苦しかった日々が思い出されますが、その苦労が報われたと思っています。

それほどまでに、この手紙には価値があるのです。


アヤラは、フィリピンにお住まいの方なら誰でも知っている超一流のモールを所有しています。
(詳細は、こちらでご覧になれます)

http://www.ayalamalls.com.ph/


思い起こせば、昨年の6月に、お金も無い、コネも無いのに、アヤラのオフィースに行ったのです。
行くと、アヤラ・モールへの出店申請書を(誰でも)貰えます。(笑)

後日、書き込んだ申請書と事業計画書とシュークリームの試食品を持って、再びアヤラのオフィースへ行きましたが、中へは入れてもらえず、受付のお姉さんに資料を渡して帰ってきました。(笑)


SMが、フィリピンを代表する庶民モールとすれば、アヤラは間違いなくフィリピンでNO.1 の高級モールです。

実際に、アヤラ・モールにお店を出店するとなると、またいくつかのハードルを越えなければなりませんが、私の夢はまたひとつ大きく膨らみました。




この話には、オチがあります。

手紙をいただいたアヤラの担当の方に電話したのです。

「 それで、何処のモールに出店できるのですか? 」

「 ああ、今は何処にも空きが無いんです・・・ 」 (爆爆)






blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。