2009年08月09日

サインボードへの煮えたぎる想い ( 中編 )



それでは前回の続きです。

「 Happy Cream Puff 看板物語 」を書いていきます。


この写真は、少し前までここで営業していたカフェのものです。

signboard 3.JPG

お店の上部に看板のスペースがあります。 ( 街路樹がかぶさっていて見えにくいです )
解りにくいのですが、このカフェは看板を出していませんでした。
ガラスに店名を書いたポスターを内側から貼り付けているだけです。
ここのテナント物件のガラスはすべてスモークガラスなので、内側から張ったポスターは暗くて読みにくいですね。
側面はどうかというと、やはり看板は無くガラスの内側にポスターが貼ってあるだけです。

これでは、ここでカフェが営業しているということが全然わかりません。


それでは、視野を広げて、このマンションのテナント全体を見てみましょう。

signboard 1.JPG

この写真はデラローサ通りに面したテナントさんが並んでいます。
もちろんデラローサ通りに面しているので、一等地と言っても差し支えないと思います。
小さくて解りにくいので、店舗部分をズームアップしてみましょう。

signboard 1-zoomup.JPG

この写真は見れば見るほど不思議な写真です。
そうです。
7軒のテナントさんが入っていまして、全てが営業していて、看板を出しているのは右端の2軒だけです。
一番右が、 「 マーキュリー・ドラックス 」 というフィリピン最大の薬屋さんチェーンです。その隣は 「ハードウエア 」とありますように建設資材屋さんです。
一番左の角が、上記のカフェ (現Happy Cream Puff )です。

もう一枚の写真は、このマンションの側道の部分です。

signboard 2.JPG

右端が看板取り付け中のHappy Cream Puff です。
やはり、ここに入っているテナントさんも看板を出していないんです。
ちなみに看板を出していないところにも全部お店が入っていて、空物件ということではありません。
普通では、こんな光景はありえないことです。
一等地で商売をしながら看板を出していないとはどういうことなのでしょうか。


「 看板 」

それは商売をする上で何よりも大切なものと、私は理解しています。
たとえば、スターバックス・コーヒーがあるとします。
あの、「 STARBUCKS COFFEE 」と緑色に輝く看板がなかったらどうなりますか。
そこにスタバがあるということに誰も気が付かないでしょう。
あのなんとも知れない緑色の看板に誘われて、お客様は自然とスタバさんに引き寄せられているのです。


私は、このカフェ物件を最初に見に行った時に、メインのデラローサ通りに面している入り口の上部と、側道の上部にも看板のスペースがすでにあることに注目しました。
つまり、目立つ場所にいかに上手に看板を出すかで、商売が順調に発展していくかを見なければならないということに気が付いていました。
私は、今まで信じられないほど厳しい状況をいくつも克服してきました。
すでに、このフィリピンでどのようにしたら商売が繁盛するのかも直感と経験を持って考えればある程度は解ります。 ( もちろん、フィリピンですから何が起こるか解りませんけど・・・ )

ですから、私はこのカフェ物件を見に行ったその夜に、撮ってきた写真に看板を合成したイメージ図を作ってイメージを頭の中で完成させ、どれだけのお客様がご来店になるかというところまで考えに考え抜きました。
そして、その考えができるのは、世界中で私しかいません。
Happy Cream Puff をここまで作ってきた私だけがこのイメージを見て、そこでの商売繁盛を想像できるのです。


繰り返しますが、商売は看板ありきです。

前カフェオーナーさんがどんな理由で看板を出さなかったのかを当時は知りませんでしたが、せっかくの一等地にお店を構えながら、そこから撤退しなければならなくなった理由は、看板が無かったことが最大の要因と思われます。

ほとんどのテナントさんが看板を出さなかった理由。
それを知った時には私も驚きました。

ちょっと悪言い方をすれば、そのコンドミニアム ( マンション )を管理している企業が、なるべく看板を出させないようにしているということです。
つまり、看板使用料が信じられないくらい高額なのです。
おまけに、一年一ヶ月分を前払いしなければなりません。
フィリピン最大の薬屋さんチェーンなら払えるでしょう。
未だにマンション建設ラッシュが続いている、このレガスピ・ビレッジにある建設資材屋さんも支払えます。
しかし、一般の個人商店レベルで商売している店舗では、とてもじゃないけど先払いができる金額ではありません。
その現実が、上記の看板が無いお店が並んでいる写真ということになります。

それなら、Happy Cream Puffならその高額な看板使用料が払えるのでしょうか?
常識的には、払えない金額です。

ビジネスは裕福な人達にしかできないものではありません。
お金は無いけど、自分の商売に夢をもって、自分の力で果敢にチャレンジし、道を切り開いていくものです。
大変な道のりではありますが、素晴らしい人生を作っていくことができます。
そういう人達の夢を応援するのが、コンドミニアム ( マンション ) の一階部分にテナントを作り、お店を営業させてくれるその企業の責任なのだと思います。
当然、看板使用料は家賃と同じように毎月払いにして、入居のテナントさんが無理なく支払えるようにしてあげることが、人間としての優しさではないのでしょうか。

この企業の幹部の方達が、上記の看板の無いお店がズラーと並んでいる写真を見て、うちらのコンドミニアム ( マンション ) は何か違うなと気が付いてくれれば嬉しいのですが・・・・・


悔しい気持ちを抑えつつ、私は看板を出すお金をかき集めて、この巨大企業の看板使用料を支払いました。7月29日のことです。
どんなにその金額が高くても、看板が 「 ある 」 のと、「 無い 」のとでは、100倍の集客の差があることを知っています。
看板が無いお店で、一日一人のお客様がくるとすれば、目立つ看板のあるお店には、一日100人のお客様がご来店になる可能性があります。

繰り返しになりますが、この目抜きのデラローサ通りの角地のお店で成功するには、看板が命なのです。


しかし、私の戦いは、ここから始まるということを、その時は知り得ませんでした。

看板使用料を払い終えた時に、先方の会社から適切なアドバイスを貰えなかったのが事の発端でした。
これは、巨大企業にありがちな官僚主義によって引き起こされる過ちです。
担当者レベルでは何も決定権がありません。
巨大企業だからこそ、現地のマンションに出張の事務所が置いてあるにもかかわらす、本社事務所と現地の出張所の間を30回も往復させられるテナント借主の労力と気持ちを考えたことは無いのでしょうか。

私は毎日毎日、 「 看板 」「 看板 」と祈っていました。
とにかく8月1日の仮開業に合わせて看板が取り付かないと大変なことになります。
看板の無いお店では、シュークリームが全然売れないことが解っていたからです。

7月31日に、発注してあった看板素材も出来上がってきて、「 よし取り付けだ! 」といってマンションの運営事務所に 「 看板取り付け許可証 」 をもらいに行きました。
すると、担当の方は驚くべき言葉を平然と言いました。

「それでは、今から看板の契約書を作りますので、1週間お待ち下さい」
なんと、お金を全額払い込んでから、何のアドバイスも無く、また2日が経過してしまいました。

「 でも、支払いが済んでいるので、看板を取り付けても構わないですよね? 」とお聞きしましたら、

「いかなる場合でも、契約書を取り交わすまでは、一切看板の取り付けはできません」
という厳しいお返事をいただきました。

前回の記事にも書きましたが、小さい個人商店などでは、商売ができない期間が長引くのは本当に命取りになりかねません。
一日でも早い開業を祈っている個人商店主の気持ちを考えようにも、官僚主義の会社にはできる余地すらありません。

開業できないことで毎日数万円の損失が発生しますが、それでも私は我慢の日々を過ごしました。
そして、8月7日(金)、待ちに待った看板契約書にサインを取り交わし、看板取り付け作業が始まりました。

その後に起こる大事件を、そのときは知る由もありませんでしたが・・・・・
その事件とは、本当にこのマンション経営の会社に人間の心が無いことを証明するものとなりました。



今回の看板にまつわる出来事は、このHappy Cream Puff レガスピ・ビレッジ店の最大の攻防線であることに間違いはありません。

物語はさらに続くのですが、長くなりましたので、ここで一旦アップします。

続きは、次回に後編として締めくくりたいと思います。







blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 21:47| Comment(4) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>そういう人達の夢を応援するのが、コンドミニアム ( マンション ) の一階部分にテナントを作り、お店を営業させてくれるその企業の責任なのだと思います。

日本でもそうですが、不動産を持っている人間の冷酷で無慈悲なやり方には強い憤りを感じます。

汗をかかないで収益を上げている彼らの中に「夢を応援してくれる」なんて期待してはいけません。

テナントに入ってくれて、家賃を払ってくれて、自分のビジネスが成り立っていることなど、忘れています。

貸してやるかどうかは俺が決める
文句あるなら出て行け
この場所で儲けたら家賃を上げてやる。

これが家主です。
お客さんであるテナントにありがとうという気持ちなど微塵も有りません。

フィリピン人だからではありません。
日本も変わらないですよ。

一般庶民ではない上流階級と勘違いしている奴らの考え方は各国似たり寄ったりかもしれません。

負けないで頑張ってください。
それしか言えませんが、きっと、ビルのオーナーと親密になるほど有名になれば、対応が変わるでしょう。
Posted by tabaching at 2009年08月10日 10:04
看板にもお金をとられるんですか?

本当に何でもかんでもイチャモンをつけてくるんですね。

前編、中篇を読ませていただき数々の問題が発生しているようですが、まだ後編があるんですか?

大変かとは思いますがくじけず頑張ってください。

Posted by 香港太郎 at 2009年08月10日 13:08
tabachingさん、こんにちは。

確かに仰るとおりだと思います。
以前入っていたSMモールさんも、実をいうと同じようなものでした。
ただ、それはtabachingさんが実際に日本で経験された範囲でのこととも思います。

私がどうしてこんなことを書くのかというと、やはり家主さんだからそれでもよいということではいけないと思ったからです。
私には、理想の家主さんがいます。その人とは友達ですが、実際に宇都宮で家主さんをしています。
彼は、いつも口癖のように、「多くの人に部屋やテナントを貸すことで社会貢献がしたい」と言っています。そして、実際に多くの住人の方と挨拶を交わし、お話を聞いたりして改善に努めています。
また、居酒屋さんのテナントさんとも親密な関係を築いています。

ですから、そのような家主さんとここフィリピンでめぐり会えたら幸せに商売ができるのではないかという私の気持ちでした。

もうすこし、事業規模が大きくなってくれば、足元を見られることもなくなって、スタバさんのように「ぜひうちのテナントに入って下さい」と言われるかもしれませんね。(笑)

この、起業物語でも、これからも家主さんのことについてもどんどん書いていきたいと思います。
現状に甘んじること無く、間違っていることには、それを解っていただいて、家主さんも変わっていって欲しいと思っています。
フィリピンがより素晴らしい国になるためには、やはり、家主さんとテナントさんの良好な関係が重要だからです。
Happy Cream Puffが、この先30店舗を出店していくとすると、やはり30人の家主さんと付き合っていかなければなりません。
そのためにも、家主さんとの良好な関係が一番大切だと、私はいつも思っているんです。

とにかく頑張ります。
いろいろとありがとうございます。
Posted by Happy Cream Puff at 2009年08月10日 16:54
香港太郎さん、こんにちは。

「看板にお金をとられるのか?」という疑問は、私も同感ですね。

上記の写真をもう一度良く見ると、何も入っていない看板スペースがあって、その下でお店が営業しています。
お店もお金が無くて看板代を払えないのだから、看板収入も入ってきません。
それではいっそのこと看板スペースをお店に開放してあげて集客を増やせばビル自体にも活気がでて、マンションの価値が上がる・・・

なんていうことは無理なのでしょうね。(笑)
Posted by Happy Cream Puff at 2009年08月10日 17:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/125358032
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。