2009年04月28日

開業3ヶ月後というハードルを、どのように越えていくのか?

ここ最近は、ブログの更新がなかなかできません。

なぜかといいますと、私の中では、ちょっと ( かなり・・・ ) 正念場だからです。

マカティ店を立ち上げたのが、2月10日ですから、もう2ヶ月半くらいが経過したことになります。


私が起業しましてから、机の前の壁には、たくさんの紙が貼ってあります。
壁に貼ることで、いつも目に入るように、そのようにしています。
その中にお気に入りの一枚があります。
それは、ユニクロ・柳井社長さんの 「 起業家十戒 」 です。
( 柳井社長、お言葉をお借りいたします )

その中の、一文に、

唯一絶対の評価者は、市場と顧客である。

というところがあります。

すごい言葉です。
まさにその通りだと思います。

私は、アラバンのメトロポリス・モール( 現在は、スターモールに名称変更 ) で、はじめてのシュークリーム屋を開業しましたが、開業と同時に売れないという困難に直面しました。

いくら、私自身が、「 このシュークリームは、絶対美味しいですよ! 」と叫んでみても、それを美味しいから買おうと判断するのはお客様なのです。

ですから、開業直後から、
「 唯一絶対の評価者は、市場と顧客である。」
という言葉の意味を、骨身に沁みるほど理解してきました。


マカティという巨大な市場にお店を出したからといって、私は、幸せな気分になったり、気が緩んだりしたことはありませんでした。
市場が大きいから、自然に売れるなどと思ったこともありませんでした。

少し前の、ブログの記事にも書いたと思いますが、私は、毎日が真剣勝負でした。

せっかく、夢のマカティに進出してきても、お客様の評価が得られなければ、それでお仕舞いです。

私が美味しいか、ではなくて、お客様が美味しいと思っていただけるかなのです。


私は、開業して、3ヶ月を、一つの目標の期限にしようと思っていました。
つまり、5月9日(土)です。
その時点で、「 どのような、市場とお客様の評価をいただけるのか? 」というところが見えるはずです。


また、開業後、3ヶ月が一番厳しい時であることも充分に予想していました。
小さな個人商店の私が、何かをはじめるには、やはり、そこにもてる力を全て注がなければなりません。
もちろん、このHappy Cream Puff マカティ店にも全てのものを注いできました。
ですから、余力なんかある訳ありませんでした。
開業して、もし、シュークリームが売れなければ、命取りです。
だからこそ、覚悟を決めて、絶対にやり抜くんだ!、という気持ちが大事です。

しかし、新規店舗とは、往々にして苦戦するものです。
それには、理由もあります。
新規開業のお店ですから、基本的には、開業直後には、レギュラー・カスタマー ( 既存のお客様 )は、ほとんどおりません。
開業直後は、売り上げが無い割には、資金を使ってしまうことも解っていました。

ちょっと前に、 「 今は、ハードです。 」とか、「 タイトだ 」 と書いたのは、そういう意味も含まれていました。

ですから、そこを乗り切る期限も、開業3ヵ月後を見ている訳です。


開業しましてから、短くも長い2ヶ月半でした。
開業後に、体調を崩してしばらく休んでいたこともありましたが、それ以外は、ずっと仕事のことを考えてきました。

私には、これからも大きな夢と目標があります。
それに向かっていくためにも、大事なことは、一つ一つの積み重ねしかありません。
積み重ねていったものが、やがて大きな夢や目標の実現になると信じています。


今日のブログの記事は、私の心の中の状況が、チラッと見えたかもしれませんね。(笑)

こんな時は、ちょっとユーモアとか、面白い話を書きたくなります。
という訳で、今日は、同時に2本立ての記事投稿を試みようと思います。

次の記事が、面白いといいのですが・・・・・(汗)







blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ



posted by Happy Cream Puff at 04:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。