2009年04月17日

真夏の夜のチェロコンサートとシュークリーム

チェロコンサートが無事に終了しました。

今日は、先ほど終わったばかりの、真夏の夜のチェロコンサートの模様を、皆様にご報告します。



フィリピンは、毎日、これでもかというくらい暑い日々が続いています。
日中暑いので、夜もあまり気温が下がらないような感じです。

そんな、真夏の夜の真っ只中の催し物でした。(汗)
(汗)と書きましたが、本当に汗をかきながら、私もスタッフの一員として参加させていただきましたが、なんと言うか、本当にさわやかな汗と言ってもいいくらいの素晴らしい一夜でした。



まずは、この写真をご覧下さい。

AIM garden.JPG

潜入! 天下のAIMの内部の撮影に成功。
・・・・・ではありませんが、マカティのど真ん中にある、有名な経営大学院の中に入れていただいただけで、なぜかとても嬉しかったです。
将来、マネージャーになりたがっている息子のイチローを、ここに通わせればいいんだ・・・などと、何気に考えて、ニコニコする私でした。(笑)

ここは、AIM校の中庭です。
まだ夕方で、明るさが残っていますが、ここでチェロコンサートが行われます。
かなりたくさんの椅子がズラーと並べられていました。


Happy Cream Puff も、この会場の一角をお借りいたしまして、臨時店舗を設営です。

AIM happy cream puff.JPG

写真でお解かりの通り、パフを持ち込んで、それから、カスタードクリームも別に持ち込んで、手押しポンプでクリームを入れるというスタイルです。

実は、この形式の出張販売は、もう過去に何度となくやってきたことなのです。

SMサウスモールとSMマカティの週末バザールも、これと同じでした。
「 ザ・スイート・ライフ 」のテレビスタジオにもこれでデモンストレーションしました。
レジーンさんのコンサートのスポンサーをした時も、楽屋でこの出店をしました。
現在のSMサウスモールのフードコート内も、毎日、手押しカートに、この手押しポンプを積んで売り歩いています。

つまり、Happy Cream Puffは開業してからずっと、いつも 「 何でもいいから、やってみよう! 」 という精神でここまできました。
いつでも、何処でも、シュークリームを売るんだという姿勢が、そのまま、経験になり、データをもたらしてくれたのです。

ですから、今回のチェロコンサートに出店のお話をいただいた時も、迷うことはありませんでした。

もちろん、やるからには、大汗をかいても全力でやることに違いはありません。
もし、上手くできなくても、今日(昨日か・・・)、4月16日マニラの真夏の夜に、シュークリームを売りに行ったという記録が残ります。(笑)

それよりも、何よりも、自分自身が、この素敵な催し物に招待されて、チェロのコンサートも楽しむことができました。
とにかく、貴重な経験ができたことに感謝したいです。


午後7時半。
チェロのコンサートが始まりました。
先ほどの椅子が並んでる写真を思い出して下さい。

そして、この写真です。

AIM concert.JPG

な、な、なんと、満席です。
この暑い真夏の夜に、大勢のお客様がコンサートを観に来てくれたのです。
これは、私も嬉しかったですね。
シュークリームが売れようが売れまいが、そんなことは、どうでもよかったのかもしれません。

前回の記事に書きましたが、この催し物をたった一人で切り盛りした、石山さんの熱意が、大勢のお客様にも届いた瞬間でした。
ですから、そういう場所に、シュークリームを持って参加させていただいたことが、私の中でも大きな満足感になったのでしょう。


今回のコンサートは、ガーデン・ライトアップもひとつの売りでした。
コンサート会場全体は、こんな雰囲気です。

AIM illumination.JPG

チェロはその中で演奏されています。

AIM cello.JPG

チェロ奏者の方は、フィリピン交響楽団の Herrick Ortiz さんです。
30分間のミニ・コンサートでしたが、素晴らしい演奏でした。


真夏の夜のコンサートは、大成功のうちに終わりました。
Happy Cream Puff の臨時店舗にも、多くのお客様に来ていただきまして嬉しかったです。


主催者の石山さんは、準備作業から、コンサートの終了まで、会場内を走り回っていました。

最後の後片付けの時に、ようやく石山さんとゆっくりとお話することができました。
そして、記念の一枚です。

AIM happy cream puff2.JPG

左端でチラシを持っている方が、石山さんです。
ブログに、この写真を載せていいかを聞きましたら、恥ずかしいと仰っていましたが、とりあえず許可をもらったので、石山さん初公開です。
こんなに頑張ったのですから、恥ずかしいことはないですね。
私も、石山さんを見習いまして、もっと頑張ろう!と思いました。

石山さん、本当にお疲れ様でした。



素晴らしい夜が終わりましたが、このような経験をした時は、気持ちいいものです。

そして、そういう時は必ず、明日はもっといいことが起こるのではないかという気がします。

そんなんです。
金曜日は、1週間のうちで一番お客様がいらっしゃる日なんです・・・・・。








blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 03:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会貢献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。突然に失礼します。偶然にたどり着き、興味深く拝読しました♪

>シュークリームが売れようが売れまいが、そんなことは、どうでもよかったのかも

とあるのですから、お尋ねすること自体ナンセンスなのかもしれませんが・・

観客の方々の、シュークリームに対する反応っていかがだったんですか?
よかったらお教えください。


Posted by VIコーチ レディ at 2009年04月18日 21:58
VIコーチ レディさん、はじめまして。

レディさんのブログとHPを、私も興味深く拝見させていただきました。
「夢を語っていただくお手伝いをすることによって、夢を現実へ近づける・・・」
というところは、まさに真実ですね。

「コンサートの当日に、シュークリームを販売します」と事前に告知していただいたこともあり、シュークリームを買いにいらしていただいたお客様もおりましたが、その場で1個か2個を召し上がっていかれるお客様が多く、皆様から美味しいのお声をいただきました。

それでは、これからもよろしくお願いいたします。
Posted by Happy Cream Puff at 2009年04月18日 23:35
ご参考までに、

・エクレア(カスタード)
予想よりかなり小さく食後の満足感が小さい。
カスタードクリームのコクが今ひとつ。
卵の味が薄い。
チョコレートに救われてる感じ。

・生シュー
こちらも予想より少し小さ目。
肝心の生クリームが酷い。
インパクト無く何も感じられない。
はっきり言って不味い。
シュー皮にも工夫が感じられない。

総じて最近の日本のコンビニスイーツの方が美味しい。

・バタンガスコーヒー
論外というか致命的ミスです。
「シュークリームに良く合う」と言い切ってる山岸さんは、実は味覚オンチなんですか?
臭い不味い吐きそうになる、というのが分かりませんか?
少なくとも、インパクトの弱いシュークリームに、こんな強烈な個性のコーヒーと組み合わせちゃダメですよ。

これじゃぁ甘味を押さえたレチェフランとか、マクドのコーヒーにフレンチベーカリーのチョコデニッシュの方が、遥かに幸せになれますよ。

はい、こんな下衆な意見に決して負けないで下さいネ。
Posted by 蕺 at 2009年04月19日 00:14
貴重なご意見をいただきましてありがとうございました。
味覚は人それぞれですから、確かに難しい問題もあります。
もっと、いろいろな意見を参考にしながら、改善、改善、また改善ですね。

もちろん、ご意見に負けないで、頑張りますよ!
Posted by Happy Cream Puff at 2009年04月19日 04:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。