2009年03月22日

保冷剤をはじめます

フィリピンは熱帯の国です。

気候のことをとやかく言っても始まらないのですが、やはり、この国は暑いです。

そんな国での、シュークリームの製造・販売ですから、私は密かに 「 やりたいな 」 と思ってきたことがありました。

保冷剤です。


そして、今日、ようやくその時がきたのです。

日本から保冷剤が届きました。

cool ice box.JPG


私は、フィリピンでシュークリーム屋を始めてから、約2年半が経ちました。

しかし、その期間の私の悩みは、製品の傷みの心配でした。

自分のキッチンでクリームを炊いていますから、作りたてで新鮮、だから美味しいというところがアピールポイントと言ってもいいと思います。

その反面、賞味期限が短く、日持ちがしないという欠点があることは、自分でも充分に承知していました。

私もずいぶん悔しい思いをしましたが、多くのお客様に日持ちのことを理由に、お買い求めいただけなかったことが何度もありました。

日本なら、生洋菓子に保冷剤を入れるなどということは、常識ですが、そもそもフィリピンには、保冷剤を使うなどという考え方はありませんでした。

ですから、フィリピン人のお客様に、保冷剤と言っても、 「 それは何? 」 「 何に使うの? 」 という説明からしなければならないと思います。(笑)

まあ、2年半の間、保冷剤無しでやってきたのですから、絶対に保冷剤が必要ということではありません。
ただ、保冷剤を導入することによって、
・安心感の向上
・日持ちを長くする
・お使い物へのご利用
などの理由から、購買の幅が広がるのではないでしょうか。

無くてもいいもの。
しかし、これを導入して始めることは、Happy Cream Puff マカティ店の、小さな心配りです。

私のお勧めの、保冷剤の使い方は、シュークリームをお使い物や、お土産にしたときに、さりげなく箱の中に保冷剤が入っている、なんていうのがよろしいのではないかと思います。

カスタードクリームでも、生クリームでも、この保冷剤は大きな味方になりますが、特に生クリーム関係は、暑いとゆるくなりますので、やはり、この保冷剤が威力を発揮してくれるでしょう。


最後に、ひとつだけお客様にお願いがあります。

この保冷剤は、1個10ペソという価格をつけさせて下さい。

日本では、洋菓子店さんでも、この保冷剤は無料で入れてくれますね。
しかし、フィリピンでこれを使うとなると、日本から送る経費がかかってしまいます。
私のような小さい商店が、この経費をまかなうのはまだ難しい問題があります。
どのくらいの割合で、この保冷剤が使われるかということも、まだデータがありませんので解りません。
私が考えるに、ほとんどのフィリピンの方は、「 要らない 」と言われると思っています。つまり、使われないケースの方が圧倒的に多いのではないかということです。

cool ice.JPG

写真では、解りにくいかと思いますが、この保冷剤は、不織布 (ふしょくふ) なので、表面の結露を吸収するタイプです。
1個30グラムで、保冷時間は約1時間です。( 目安としてお考え下さい )


本日、3月22日(日)より、この保冷剤をスタートします。

私は、この保冷剤を使用することによって、フィリピンにおける新しい洋菓子の世界が広がるものと確信しています。


皆様、どうぞご利用下さい。







blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 03:04| Comment(3) | TrackBack(0) | シュークリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マニラで生菓子→すぐ家に帰って冷蔵庫!と慌てる事が多いので、この保冷剤はとっても助かります!
「はっちん」さんへの買い物のついでに、、、と寄れますしね。
ところで、私は30ペソのカスタードのみのシュークリームをよく購入しています。
いつかお店でお会いできるのを楽しみにしています。
Posted by レイン at 2009年03月22日 10:46
レインさん、こんにちは。
保冷剤のご意見ありがとうございました。
いつもお越しいただいているのですね。
私も、お会いする時を楽しみにしております。
Posted by Happy Cream Puff at 2009年03月23日 02:04
以前フィリピンに半年ほど仕事で滞在しており、その際には週に2回はシュークリームを購入させて頂きました。。。
今は日本で偶然にも保冷材の取り扱いをさせて頂いておりますが海外輸出を考えております。
もちろんフィリピンンも視野に入れておりますが、一度お話しさせて頂きたいなと思いメール致しました。
宜しければお時間ある際にでもご返信頂ければ幸いです。
Posted by 大介 at 2014年07月08日 11:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116025624
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。