2009年11月05日

「 アストロ・ボーイ 」、子供と過ごした至福の時間

今日は仕事から離れて、久しぶりにファリミーのお話です。

この仕事をしていると、一年間でお店がお休みの日というのはほとんどありません。
昨年は、1年の内でSMモールが2日だけお休みでしたので、それに合わせて2日間だけお店が休業になりました。

今年になってからは10月まで1日も休みの日はありませんでした。
誰も私の代わりは居ませんので、お店が営業していればやはりそれが気になってとてもゆっくりすることはできません。

先日のことですが、11月1日はハロウィンでした。
私は、お店を開けたかったのですが ( おいおい・・・ ) スタッフ達が全員里帰りしたいという希望もありまして、この日だけはマカティ店とレガスピ・ビレッジ店の両店とも休業することにしたのです。

せっかくのお休みなので、やはり私もちょっとゆっくりしたいという気持ちもありましたが、もう長らく家族サービスもしていないしな〜、という気持ちもありました。

まあ、本音をいうと、子供達と遊びたいということでしょうか。(笑)


少し前に、ジョリビーに行ったのですが、子供のおもちゃ付きキッズミールが 「 アストロ・ボーイ 」 だったのです。

AstroBoy_toy.JPG

私は、そのアストロ・ボーイの人形を手に取りながら、とても懐かしい気持ちになりました。

鉄腕アトム

私がイチローくらいの子供時代には、本当にアトムが大好きでした。
アトムや鉄人28号を見て育った世代です。

恥ずかしながら、その時までアトムがハリウッド映画「 ASTRO BOY 」として製作されていたことを知りませんでした。(汗)

AstroBoy_Poster2.JPG
( 画像はASTRO BOYオフィシャル・サイトより借用 )

で、それからずっとこの映画のことが気になったいました。


久しぶりの休日。

私 「 おいイチロー、アストロ・ボーイを観に行こうか? 」
イチロー 「えっ、本当? わー、やったー!」
     「 アストロ・ボーイ! 」
     「 アストロ・ボーイ! 」
     「 アストロ・ボーイ! 」
と大喜びです。

だいぶ前に、「 ワイルド・スピード4 」を観に行ったら、13歳以下の子供お断りで涙を飲んで帰って来たという悲しい思い出もありました。(泣)
( その時のこともこのブログに書きましたね・・・ )

とにかく、映画に行くと言っただけで、こんなに喜んでくれて、私も嬉しくなりました。
親父の気持ちとしては、40数年前に自分が熱狂したスーパーヒーローを、息子に自慢したかったのかもしれません。(笑)


そして、いそいそと映画館へ。
ポップコーンとレモネードを買い込んで、すっかりバケーション気分です。

映画が始まりました。
と同時に、その映像の綺麗さに引き込まれていきました。
とにかく細部まで丁寧に描きこまれたキャラクターが凄いと思いました。
テンポ良く進んでいくストーリー展開や、飽きさせることの無いアクション場面の連続で、子供も大人も大満足の映画です。

そして何より素晴らしかったのは、40年前と変わらないアトムが目の前にいたことです。
ロボットでありながら、優しい心と、正義感溢れる魂をもったアトム。
何より、親と子の 「 心の絆 」 の描き方が素晴らしかったです。

特に、ラストシーンは感動の嵐でした。
もともと私は泣き虫ですから大変です。
溢れ出る涙をハンカチで拭っていると、隣のイチローが、
「 パパ、イヤック、カ?( 泣いてるの? )」
と聞かれてしまいました。

久しぶりに、いい映画を見せてもらいました。
素晴らしい映画を作った人達にも感謝しています。
そして、これほどまでに素晴らしい映画をイチローに見せることができて良かったです。
51歳の親父と、6歳の子供が同時に楽しめる映画なんて、そんなにたくさんは無いのではないでしょうか。


映画から帰ってきてからも、イチローはすっかりアストロ・ボーイがお気に入りになった様子です。
そんなイメージ写真がこれです。

ハイ、チーズ!

ichiro AstroBoy.JPG




しかしこの映画を観て、イチローよりさらに 「 アトム 」 が好きになったのは、私自身だということは言うまでもありません。(爆)







blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

ひっそりと3周年を迎えました

最近のある朝のこと。

携帯電話が鳴り出てみると、馴染みのお客様からでした。

「 最近、ブログの更新が無いので心配していましたが、お元気ですか? 」

と、言われてしまいました。(汗)


ブログの更新をしなかった理由は、特に何か訳があったわけではなく、先月末の台風被害の後始末とか、女房の病気とかでなかなかブログを書く気持ちになれなかったようです。

上記のお電話で、さらに、
「 ブログを楽しみにしている人も大勢いますよ・・・ 」

ありがたいお言葉でした。
ということで、ちょっと背中を押されてしまいまして、この記事を書いています。


10月は、本当にいろいろなことがありました。

私にとっては、この10月は激動の1ヶ月でした。
それというのも、台風の災難と、マカティ地区での販売の波に伸るか反るかの大事な局面が、同時に来たからです。

このブログでも書いてきましたが、台風直撃の最中に行われていました、ワールド・トレード・センターでの展示会で、Happy Cream Puff は大きな注目を集めることに成功しました。
( Akiraさん、お誘いいただきまして本当にありがとうございました )

私も過去の経験から、何か販売や宣伝のチャンスがあるときには、積極的に出ていかなければならないことを学びました。
本来なら出られない理由の方が多いのかもしれませんが、その中であえて挑戦することが重要です。
だからやりました。
つまり、この展示会で、マカティ地区の人々にHappy Cream Puff の存在をアピールすることに成功したのです。

しかし、私の悪夢はその直後にやってきました。
オンドイ台風は、あっという間にクルマとバイクを飲み込んでしまいました。
それと同時に、店頭からお客様をも奪っていきました。
仕方がありません。
これだけ大きな被害に見舞われたマニラですから、人々もシュークリームどころではありません。

しかし、災害に見舞われたフィリピンでも、復興に向かうパワーを見せてもらいました。
台風の翌週に、ずっと歩いてビジネス街を見てきたんです。
すると、もう普段の経済活動が戻ってきていて、いつものようの多くの人々が動き回っていました。
私もそれを見て、 「 ああっ、これでいいんだな 」 と思いました。


ちょうどその頃、素敵なブログで Happy Cream Puff を紹介していただいたのです。

kitchen cow.JPG
( 画像は kitchen cow さんのサイトより拝借しました )

http://www.kitchencow.com/2009/10/06/happiness-is-a-happy-cream-puff/#more-1148

2ページにも渡る、綺麗な写真入りの記事で、レガスピ・ビレッジ店を詳細に紹介してくれています。
ぜひ、読者の皆様にも見ていただきたいです。

kitchen cow さん、本当に嬉しかったです。
どうもありがとうございました。


ウエブサイトといえば、もうひとつ嬉しいことがありました。

今、フィリピンで流行りの 「 facebook 」 に、Happy Cream Puff のページができたのです。

facebook.JPG

これは、私達夫婦の友人のジェニファーさんが作ってくれたのですが、これまた素敵なサイトになっています。
いろいろな情報が盛り込まれていて、Happy Cream Puff の情報を知るのには最適かもしれません。
上記のkitchen cow さんのサイトも紹介されています。

http://www.facebook.com/pages/Makati-Philippines/Happy-Cream-Puff/144273604316

( ただし、facebookをご覧になるためには、facebookのメンバーになる必要があります )


その頃の私はといえば、バイクを修理したり、カフェメニューを作り直していたり、店内のPOPを追加で作ったり、店内エアコンの水漏れを修理したり、カウンターを修理したり、ドアの不具合を直したりと、とにかくなんでもかんでも自分でやっていました。
まるで修理屋です。(爆)

忙しかった10月ではありましたが、上記で書きましたようにいろいろな良いこともあった結果、多くのお客様にご来店いただくことができました。

フィリピンも、私も災害に遭いましたが、Happy Cream Puff の使命は、多くの人達にシュークリームを通して、 「 美味しさ 」「 楽しさ 」 を伝えていくことだと思っています。


そして、10月30日

この日は特別な日でした。
特に何も告知もせず、誰も知らないのですが、なんとHappy Cream Puff の3周年記念日だったのです。

2006年10月30日に、アラバンのメトロポリス・モールで Happy Cream Puff は開業しました。
私が書きましたPDF小冊子 「 起業物語 」 にもその時のことが書いてあります。

それから、丸3年が経ちました。
その日が、昨日のことのようにも思えますし、あまりに多くのことが凝縮されているので10年くらいの年月を感じることもあります。
3年が早いのか遅いのか解りませんが、「 石の上にも三年 」 と言うように、3年間、続けて来られましたことには感慨無量の思いです。

今から、また3年後が素晴らしい世界になっているように頑張らなければなりません。


( 3年後は、私は54歳です・・・汗 )





blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ



posted by Happy Cream Puff at 05:50| Comment(12) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。