2009年05月27日

フィリピンの国民的俳優のジョエル・トーレさんとお会いしました

またまた、フィリピン芸能界情報です。(笑)

まずは、この写真をご覧下さい。

jts manukan.JPG


この写真はちょっと以前のもので、まだHappy Cream Puffのお店は建設中ですね。
向かって左側のお店は、「 JT’s MANUKAN 」( ジェーティーズ・マヌカン )というチキン・グリルのレストランです。

JT’sというのは、オーナーのJoel Torre ( ジョエル・トーレ )さんのイニシャルで、マヌカンはタガログ語でマノック( ニワトリ ) の意味なので、「 ジョエル・トーレのチキン料理 」 という意味になります。

そして、このお店のオーナーのジョエル・トーレさんは、フィリピンで誰からも愛されている国民的俳優さんなのです。
私は、「 誰からも愛されている 」 という表現を良く使いますが、それは、けっして大袈裟なものではなく、フィリピンの一般庶民は本当にそう思っていることを私も肌で感じているからです。

マリセルのおばさんは、本気で、「 ジョエル!、ステキ!」と言うんです。


それでは、ジョエルさんが、どのような俳優さんなのかをちょっとだけご紹介しておきます。

先日は、リチャード・ゴメスさんをこのブログで紹介しましたが、リチャードさんは、フィリピンを代表する二枚目アクションスターです。
ジョエルさんは、リチャードさんのような華々しさはありませんが、その渋い演技で、圧倒的な存在感を示すといったタイプですね。
主演よりも、助演男優というイメージが解りやすいかもしれません。

フィリピン映画界は、過去の繁栄の時を過ぎて、現在は衰退産業になりつつありますが、(最近はテレビのほうにショービジネスが移行しています)映画産業が全盛期の時を支えてきた俳優さんが、ジョエルさんや、リチャードさんであります。
ジョエルさんは、テレビも含めて100本以上の作品に出演しているという経歴も素晴らしいです。

ジョエルさんの作品は、もちろん日本人の方はほとんどご存知ないかと思いますが、代表作としては「 ホセ・リサール 」(1998年、助演男優として出演)をあげることができるのではないでしょうか。

Jose_Rizal_film_poster.JPG
( 写真の男優さんは、ジョエルさんではなく、やはりフィリピンでは人気俳優のシーサー・モンタノさんです )

ジョエルさんは、マニラで「 JT’s MANUKAN 」レストランを3軒持っています。
特徴的なのは、そのレストランのインテリアです。
私は、ここTHE ZONEにテナントを探していたときから、時々、ランチにこのジョエルさんのお店を利用させてもらっていました。( メニューの値段は、庶民的な設定なので利用しやすいですね )

店内に入ると、壁一面に飾られた、本当に多数の映画ポスターに圧倒されます。
このフィリピン映画だけのポスターに囲まれた店内の雰囲気は、フィリピンの何処にも無い、このジョエルさんのお店でしか味わうことができない雰囲気です。
もちろん、ポスターは全部ジョエルさんの出演作品ばかりです。
私も、この雰囲気がとても好きです。
フィリピンはチキン・グリルのレストランは本当に多数ありますが、その中でも群を抜いて、ジョエルさんのお店のファンの方々が多い理由は、私が説明するまでもありません。

そんな、店内のポスターの中で、1枚だけちょっと違ったポスターに目を惹かれました。

そのポスターはこれです。

abong small home.jpg

「 アボン・小さい家 」
http://www.ne.jp/asahi/small/home/welcome.html

私も、このポスターを見るまでは知らなかったのですが、この映画は、フィリピン−日本共同制作だったのですね。
今泉監督さんは、なんと私と同世代の方なのですね。
この映画の製作のために、今泉監督さんはフィリピンに生活の場を移したというエピソードも素晴らしいです。
私も機会を見つけて、ぜひこの映画を観てみたいです。

ジョエルさんは、片言ですが日本語をお話になります。
この映画で、日本人の監督さんやスタッフの方と一緒にお仕事をしたジョエルさんは、きっとこの時に日本語を覚えたのだと思います。



私は、ジョエルさんレストランから、2つ隣にお店を構えましたので、ずっとジョエルさんにお会いしてご挨拶をしたいと思っていました。
ただ、ジョエルさんも本職のほうで忙しいようで、このお店には時々しか顔をだされません。
そして先日、やっとその機会がやってきました。

夜9時の丁度私のお店が閉店の時間でしたが、マヌカンのスタッフの方が、「 ジョエルさんが来てますよ 」と教えに来てくれました。
私は、プチパフの詰め合わせを手土産に用意して、JT’s MANUKANにいきました。
ジョエルさんは、外に出したテーブルで、実の弟さんや、他の俳優仲間さん達と食事中でした。

私が近寄っていくと、立ち上がってくれて、満面の笑顔で握手をしてくれました。
ジョエルさんは、日本語で、「 はじめまして、こんばんは 」と言ってくださいましたので、私は驚いて、「 日本語が上手いですね 」といいましたら、「 少しだけ 」と言って笑っていました。
とにかく、気さくでフレンドリーな方でした。
ジョエルさんが、フィリピン国民に愛されている俳優さんだということが理解できた瞬間でした。

ジョエルさんは、私に、「 一緒に飲もうよ 」と誘って下さいましたが、私は、「 次回にはぜひ! 」と答えましたら、ジョエルさんも「 OK! Next na 」と返して下さいました。

「 記念写真を撮っていいですか? 」と聞いたら、また「 OK 」との返事を聞くやいなや、私のファミリーやスタッフ達が、「 ピクチャー、ピクチャー!」と言いながらジョエルさんの周りに集まってきました。(・・・汗)
なんともフィリピン的なミーハー根性です。(爆)

はい、チーズ!
ということで、なんとも楽しい1枚が撮れました。

joel torre.JPG


ジョエルさんの後ろに立っている方が、ジョエルさんの熱狂的なファンである、マリセルのおばさんです。(笑)
イチローも可愛がってもらって嬉しそうです。

ジョエルさんは、シュークリームも美味しいと褒めてくれました。
今度は、ゆっくりと、Happy Cream Puffのお店にも来てくださるとの約束をしてくれました。

すぐそばに、お互いのお店があるということで、今後は、このエリアをもっと人気のあるエリアになるように、私も盛り上げて行きたいです。
実際に、JT’s MANUKANで食事をした後に、Happy Cream Puffでデザートを買って帰るというパターンが定着してきたのも事実です。


きっとジョエルさんとも、時々お目にかかる関係になっていくと思いますが、今度会った時は、ぜひ一緒に飲みたいと思います。(笑)








blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 15:04| Comment(7) | TrackBack(0) | ショービジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。