2009年04月20日

アジアの歌姫・レジーン・ベラスケスさんに、あ・い・た・い・・・ という夢 (後編)

それでは、後編をいきます。

私達、Happy Cream Puffは、コンサート・スタッフの皆様にシュークリームをお配りするという大役もほぼ終わっていました。
そうしましたら、何と驚くことに、本日のスポンサーのお礼と言うことで、レジーンさんからVIPチケットを2枚いただいたのです。
私も、まさかコンサートが見られるとは思っていませんでしたので、これには感激しました。
ちょっと端の方でしたが、前から15列目くらいの良い席です。


そして、レジーン・ベラスケス・コンサートが始まりました。

regine velasquez concert1.JPG

コンサートチケットは、発売と同時に完売するほどの人気がありますから、もちろん巨大なコンサート会場は超満員です。

regine velasquez concert3.JPG


ここからは、コンサートの模様を書いてみます。

最初は、アップテンポの曲で、会場を盛り上げていきます。
もう、ここで全ての観客は、レジーンワールドに引き込まれてしまいます。

regine velasquez concert2.JPG

その後は、若手の女性シンガー達が登場して、またさらにコンサートを盛り上げていました。

regine velasquez concert4.JPG

その最後に、スペシャル・ゲストのカイラさんが登場して、レジーンさんに負けないくらいの歌声を披露してくれました。

regine velasquez concert5.JPG

しかし、この日の最大の目玉は、サプライズ・ゲストが用意されていたことでしょう。

この人です。

regine velasquez concert6.JPG

マーティン・ニベラさんです。
なんと、フィリピンで一番の女性シンガーと、フィリピンで一番の男性シンガーの夢の競演です。
この顔合わせを目の前で見れたことに感激しました。

私は、ずっと楽屋におりましたから、マーティンさんと挨拶したり、リハーサルを見たりしていたので、サプライズではありませんでしたが、観客の皆様は本当にサプライズだったことでしょう。


マーティンさんとは、その後、SMサウスモールで2度目の再会をすることになりますが、その時の模様は、過去のブログ記事に書いたとおりです。
↓ ↓ ↓
http://happycreampuff.seesaa.net/article/102879792.html



マーティンさんが、帰った後は、フィナーレに向かって、レジーンさんの熱唱が続きます。

フィリピンの人達なら、誰でも知っていることですが、レジーンさんはマニラの貧困地区トンドの出身です。
その貧困から、彼女は歌声ひとつでトップ・スターにまで登り詰めた人です。
全てのフィリピン人から愛される理由は、そのサクセス・ストーリーがあるからなのかもしれません。

だからこそ、レジーンさんの歌には、心が入っています。
聞く人、全てに感動をもたらします。
魂を揺さぶられるという表現が合っているかもしれません。


実を言いますと、私もマリセルも、コンサートの間中、溢れる涙を抑えることができませんでした。
今から1年半前の、このコンサートの日にも、Happy Cream Puffは、SMサウスモールで営業しておりましたが、商売の厳しさは、私達の心を痛めていたことは確かでした。
渇いてひび割れていた私達の心に、優しさと勇気を与えてくれたのが、レジーンさんの歌声だったのです。


コンサートの最後の最後のシーンです。
私は、一生この時の感激を忘れることは無いでしょう。
一日、頑張ってシュークリームを配った私達に、レジーンさんは、超満員の観客に向かってお礼を言ってくれました。
これは、私のお宝映像です。
わずか20秒ですが、永久保存版のこの映像を、ここに公開してみます。





コンサートは大成功のうちに終わりました。

しかし、レジーンさんの仕事は終わりません。
舞台裏へ戻って、一人一人のスタッフの苦労を笑顔でねぎらっていました。
そして私達Happy Cream Puffのところにも、レジーンさんは来てくれました。
これが、そのときの写真です。

regine velasquez concert7.JPG

2時間以上も熱唱し続けて、もうヘトヘトに疲れているはずなのに、まだこの笑顔です。
そして、ここでも、レジーンさんは、私達に、 「 ありがとう 」 と言ってくれました。

レジーンさんが、フィリピン中の人達から愛される理由は、私が説明するまでもありません。

レジーンさん、お疲れ様でした。


ところで、レジーンさんは、このコンサートの後に、テレビドラマの収録のために、SMサウスモールに来たことがあります。
そのときのエピソードも、私はブログに書いてありますので、よろしければ読み返してみて下さい。
↓ ↓ ↓
http://happycreampuff.seesaa.net/article/103542041.html




今日の記事のタイトルは、
「 アジアの歌姫・レジーン・ベラスケスさんに、あ・い・た・い・・・ という夢 」
です。

あ・い・た・い・・・
愛しい人という訳ではありませんが(笑)、会いたいです。

愛と勇気を与えてくれたレジーンさんに会いたいのです。
あの日のコンサートに出会わなければ、Happy Cream Puffマカティ店も無かったかもしれません。

それに、レジーンさんは、もう2回もHappy Cream Puffを食べています。(笑)
( ちなみにマーティン・ニベラさんも2回食べてます、笑 )

そして、私がこの記事を書いた理由は、レジーンさんを引き寄せるためです。
いつの日か、近い将来に、黒塗りのでかいクルマがお店の前に停まって、がっしりとしたボディガードに囲まれたレジーンさんが、ひょっこりとお店に入ってくるのです。

それを、真面目に夢みている私です。
でも、絶対実現すると信じています。

私には、今まで実現できなかった夢などありませんでしたから・・・





ここまで、書いてきて、レジーン・ベラスケスさんの歌声がどれほどに素敵なのかを、読者の皆様にも紹介したくなりました。

このYoutube の映像は、この日のコンサートのものではありませんが、ライブ映像というところでは、その雰囲気を感じていただけるかもしれません。
6分を超える長い映像ですが、曲の最後の盛り上がりの部分は、素晴らしいです。


心を揺さぶるレジーンさんの歌声をぜひお聞き下さい。





Say That You Love Me - Regine Velasquez





blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 01:37| Comment(10) | TrackBack(0) | ショービジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。