2009年01月26日

フィリピンの食文化に革命を起こす!?

前回の記事には、本当に多くの方々から、励ましのコメントをいただきました。
嬉しかったです。
皆様、どうもありがとうございました。

多くのコメントをいただけるということは、それだけ、今回の出店が注目されているのと同時に、多くの方がこの本格的なシュークリームショップに期待をよせていただいているのだなあと、あらためて思うしだいです。


何度も何度も書きますが、このマカティ店は、多くのお客様に心から喜んでいただけるお店にすることが私の仕事です。
だからこそ、今回のこのお店には、私の情熱の全てを注ぎ込んで、今までにない、全く新しいコンセプトで、誰もがワクワクするようなお店をつくりあげる決意です。

それを、別の言い方で言い表すと、私がブログの冒頭で使っている言葉になるのです。
「・・・・・・フィリピンの食文化に革命を起こす!」
↑     ↑     ↑
本当に、ブログの冒頭にこう書いてありますね。(爆)

バタークリーム全盛のこの国に、生シュークリームを普及させることができるのでしょうか?
その答えは、開業してからのお楽しみです。(笑)


前置きが長くなりました。(笑)

いつ開業するの、と多くの方に聞かれていますので、工事の進捗状況を書いていきます。

今回のテナントは、床も天井も外壁 ( 両脇のテナントを仕切っている壁はあります ) も無い状態でした。
ですから、内外装工事は、ほぼ全ての材料を持ち込んで自分で作らなければなりませんでした。
説明するより写真がありますのでそれをお見せしますね。

the zone construction.JPG

こんな感じです。

何も無いですね。(笑)
今は、キッチンの床を張っています。

私は、設計士ではありませんので、詳細設計はできませんが、図面は全て自分でひきます。
このお店を作るにあたっても何枚もプランを作りました。
と言いましても、たった42平方メートルですが・・・・・(汗)

本来なら、自分でタイル貼って、セメント煉って、レンガを積んでと言いたいところですが (爆) さすがにそこまではできないので、お店作りは、建設会社にお願いしました。

the zone construction2.JPG

左の方が建設会社の社長さんで、アーノルドさんです。
真ん中が私で、右側の小さい女性が女房のマリセルです。(笑)


今日の報告はここまでです。
とにかく、やるべきことが山積みです。
ずっと以前から準備をしてきたつもりだったのですが、やはり、新しいお店を開くということは大変です。
ここには書いてありませんが、お役所関係の届出なども大変な作業が続いています。

まだ、開業日も決まっていませんが、開業を待っているお客様もいらっしゃいますので、とにかく一日でも早く開業できるように頑張ります。

私の心の中では、(大きな声では言えませんが・・・) 2月の第1週にはスタートしたいと思っています。


おいおい、2月の第1週って、もう来週だぞ! (爆)






blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 02:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

マカティ開業に向けて

皆様、大変ご無沙汰してしまいました。

フィリピンで、1軒のお店を出店するということは、やはり大変です。
私は、過去に2回、フィリピンでシュークリーム屋をつくりましたが、やはり、それにも全精力を注いできました。

なんだかんだいいましても、私の商売は、私と女房だけの小さな個人商店です。
(もちろんスタッフはおりますが、経営にはたずさわっていないという意味です)
出店に関わる作業・プランのほとんどは、私と女房でやらなければなりません。

このブログで、マニラ出店についてを書こうとずっと思っていましたが、その出店場所決定が“確実”になるまでは、絶対ブログでは発表しないと心に決めていました。

実は、この出店場所探しをしていた間に、なんと2箇所も、口約束で 「 出店できますよ 」 と言われて計画を進めていたのですが、後になって 「 ちょっと待って・・・、やっぱりダメです 」 と言われました。 (爆)

つまり、フィリピンで確実に決定したという意味は、テナントと正式に契約書を交わして、さらに家賃の保証金を納めて、そして、店舗の工事が始まったあたりが、確実と言える状況であると判断しました。

今日、ブログに記事を書くことができるのは、上記の条件が揃ったからです。(笑)



それでは、出店場所を発表します。


THE ZONE
7224 Malugay Street corner Buendia, Bel Air Makati City

日本語で書くと、

ザ・ゾーン
7224 マルガイ・ストリート、コーナー ブエンディア、ベルエア マカティシティー

住所だけみると、カッコいいですね。(笑)
でも、住所だけだと何処だか全然わからないですね。

では、地図でご紹介しましょう。

the zone map.JPG

これならお解かりいただけるかと思います。
地図右下は、アヤラ・グロリエッタ (モール) です。

THE ZONEというのは、大規模なバトミントンクラブ施設です。
その施設の道路に面した部分が、賃貸テナント部分ということになります。

写真でお見せするとこんな感じです。


the zone road.JPG
( バイクで走っているのは、私ではありあません、 爆 )


「 なんだ、スタバの隣じゃないんだ 」
という声も聞こえてきそうですが勘弁して下さい。(笑)

この出店場所に関しましては、いろいろなご意見もあるかもしれませんが、私の中では、「 最高の場所に出店できる、世界一の幸せ者 (爆) 」と、自分に言い聞かせています。

スタバの隣も探しましたが、空きがありませんでした。(笑)
といいますか、ブランドのおしゃれなお店が並んでいるエリアとか、有名モールの中だけが、最高の出店場所なのかというと、決してそんなことはないと思っています。

メトロポリス・モールという超庶民モールから、やっとの思いで脱出して、次の移転場所は間違いなく一流モールであるSMだったのですが、SMサウスモールから与えられた場所は、地階にあるフードコートの一番隅っこでした。

つまり、そういう場所でやってきた私にとりましては、マニラの中心のマカティのほぼど真ん中は、まさに夢にまで見た素晴らしい場所なのです。

それから、私は、立地条件だけでシュークリームを売るつもりではありません。
どんなに素晴らしい場所であっても、そこに心がなければ、目指すべき素敵なお店になるはずがありません。

そして、私が目指しているお店とは、
「 すべてその場で手作りの、本格的なシュークリームのお店 」
ということになります。


私は、このお店が素敵なお店になることを信じています。

そして、私のブログの冒頭にいつも書いてある大好きな言葉。
「 何事もやってみるまでは、できるかできないかは解りません。」

この、マカティ出店が、成功して繁盛するのか・・・
そんなこと考えているよりも、とにかく、開業する、そこでやってみること。
そうです。
やってみれば解ることです。


次の記事では、内装工事の状況とか、どんなお店を作っていくのか、などについても書いていきたいと思います。




ひとつ書くことを忘れていました。
内装工事は、始まったばかりです。
まだ、シュークリームを買いに来ないで下さい。(笑)





blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ



posted by Happy Cream Puff at 03:39| Comment(34) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

くじけない心

前回の記事をアップしまして、それが原因で大変なことになってしまいました。

管理者である私も、傍観者のようになってしまいまして、どうするべきか悩みました。
記事自体を削除することも考えましたが、コメントを寄せていただきました中にも、素晴らしい “言葉” を発見することもできました。
それで、とりあえず削除せずにこのまま置いておきます。


私に対して、批判の言葉があったとしても、そんなこと気にしません。
私は、ここまでやってきて 「くじけない心」 を手に入れたのかもしれません。
もっと大変な苦境に何度も遭遇してきましたけれど、その日は落ち込んでも、翌日には元気百倍でやってきました。

あの記事は、ただ単に自分が感動したので、それを紹介しただけです。
その裏に何があるのかということを考えるのではなく、あのフィルムの中にはフィリピンの真実があると思いました。
別に、あの企業が、スタバさんでも、マクドナルドさんでも紹介したでしょう。


私は、有名ブロガーになりたい訳ではありません。
場合によっては、ブログなんかやめちゃってもいいんです。

私には大きな目標があります。
夢もあります。
その目標や夢は果てしなく大きく遠いかもしれません。
でも、あきらめずにそれに向かっていきます。
ブログは、その過程を、お世話になった多くの方々にお伝えするためです。


最後に一言だけ書きます。

私は真剣勝負をしています。
今も。
そして、明日もです。






posted by Happy Cream Puff at 01:13| Comment(12) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

心に残る珠玉の一遍

昨年の最後に、このブログでご紹介しました、「フィリピンKFCのコマーシャルフィルム」を入手しましたので、今日は、その映像を読者の方にご紹介したいと思います。

先に、補足説明をしておきますと、このコマーシャルフィルムは、テレビ局が主催で、フィリピン大手企業がクリスマスシーズン限定で、「心温まる一遍」を作ったものです。
これは、たまたまKFCですが、他にも大手企業が製作した作品が放映されていました。


それでは、ご覧下さい。





この映像は、私の心に突き刺さりました。

日本では、ありえない光景ですが、フィリピンでは、ストリートチルドレンが、このようにクルマのドライバーからチップを貰っているなんていうことは当たり前の光景です。

この作品の冒頭に、作品タイトルが瞬間的に表示されています。

「Share the Love」 (シェア・ザ・ラブ)

日本語だと、「分かち合う愛」とでもいったところでしょうか。

この、貧しい子供の役の表情がなんともいえないですね。

富裕層の子供に生まれたから幸せで、貧困層の子供に生まれたから不幸なのか?
この映像を見て思うことは、そうではないということです。
貧困の中にも幸せはあります。
1年の内、たった一度だけクリスマスイブに、本物のケンタッキーフライドチキンを食べた (恐らく、その子はそこで食べないで、持ち帰って兄弟で分け合って食べたと想像しました) その子供にとっては、それが幸せなのだと思います。

世界中で、全ての人がお金持ちになることなどありえないかもしれません。
しかし、お金がなくても、「Share the Love」という気持ちを多くの人が持つことによって、幸せを感じることができる人達がたくさんいるということは本当のことでしょう。


「Share the Love」
素敵な言葉だと思います。


何度でも繰り返し見て下さい。
そして、お子さんがいらっしゃるご家庭は、お子さんもご一緒に見て欲しいです。

私にも、同じ年頃の子供達がおりますが、この映像にじっと見入っていました。
きっと、何かを感じたと思います。






blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 14:20| Comment(18) | TrackBack(0) | 社会貢献 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。