2008年11月26日

「涙の御堂筋」物語

この物語は、今から1ヶ月くらいさかのぼります。


2008年10月22日(水曜日)
私は、大阪にいました。

この大阪への旅は、私の人生を大きく変える旅でした。

大阪は、もう秋の気配が漂い、肌寒い小雨模様でした。

根っからの東京人の私は、関西へ何度か行ったことはありましたが、難波へ腰を落ち着けてじっくりと情景を味わったのはこの時がはじめてでした。


その前に、どうして日本へ行ったのかを、少しだけ説明しておきますね。

私は、日本へ行く前のブログ記事で、「ラーメンとのコラボレーション・ショップをやります」と宣言しました。(ちなみに、コラボレーション・ショップはやらないことになりました)
コラボレーションをやるか、やらないかということもありますが、その根底にあった一番重要なことは何だか解りますか?

それは・・・・・

「命を賭けてでも、マニラの2号店を、絶対に出すぞ!」

言い続けるだけではなく、本当に出すという覚悟を決めてやらなければならないことがあります。
自分の中では、もうとっくの昔に解りきったことです。
私が、フィリピンでシュークリームを始めたのは、現在のSMサウスモール店1店で終わりにする夢ではありませんでした。
この夢に終わりは無いつもりです。
拡大路線を進むという訳ではありませんが、いつも前を見て前進していくことが、この人生を悔いなく生きることだと、もうずっと前に決めていました。

だから、「やろう」と決めたんです。
今しかないと決めて、日本へ行くという行動を起こしたんです。

しかし、人間とは、一人ぼっちだと本当に弱い存在です。
時として、凄いプレッシャーに押し潰されそうになります。
何度も何度もです。
私は、起業してから、嫌という程、そのことを感じてきました。

人生において、自分以外に大きな夢と、高い志を持っている人 (それも、ほとんど自分と同じ夢と志を持っている他人という意味です) に出会う確立はどのくらいあるのでしょうか。
多くの人は、出会うことも難しいかもしれません。

しかし、もしそのような人が目の前に現れて、自分のやりたい夢を、その人が、命を賭けて手伝ってくれたとしたら、そこには底知れぬパワーが湧き出てきます。

はじめて出会ったときに、タバチンさんがその人であるとは夢にも思いませんでした。(笑)


大阪の話に戻ります。

大阪へ連れて行ってくれたのもタバチンさんです。

東京から、夜行バスに揺られて、早朝の難波に降り立った私の心の中は、かなり複雑なものでした。
というよりも、「ボロボロ心」に近かったかもしれません。

10月2日に日本へ飛んでから、その日まで、すでに3週間の時が経っていました。
詳しくは書きませんが、その間にも、多くの人と会いました。
しかしながら、出店に結びつくようなお話は、残念ながらできませんでした。

私は、どんな方法を使ってでも出店をするという考えだけは持っていませんでした。
上手く言えませんが、私がずっと心の中で持ち続けてきた「フィリピンに社会貢献をする」ということが、出店の前提条件である、ということです。
つまり、その理念を理解していただける方とめぐり合う為に日本へ行ったのです。


この写真がどこだか解りますか? (爆)

doutonbori.JPG

この写真は、夜の道頓堀を、タバチンさんに案内してもらった時のものです。
顔が暗いですが、橋げたにたたずんでいるのは、正真正銘、私です。(笑)

この日の昼間に、「運命の出会い」と言うべき素晴らしい方とのお話合いがありまして、まだ、良いお返事を頂く前の、複雑な心境の私を見るに見かねて、タバチンさんが道頓堀散策に連れ出してくれたとうシチュエーションでした。

夜の道頓堀。
私には、一生忘れることのできない思い出になりました。

タバチンさん、そして、大阪で出会った運命の人。
その方達の温かい心に触れて、きっと感情が高ぶっていたのかもしれません。
道頓堀川には、ボードウォークがあって、そこをタバチンさんと2人で歩いていた時に、なぜか涙が溢れてきました。
いい年をして涙は似合わないかもしれませんが、私は、優しい人の心に触れると、涙腺が刺激されるようです。
人に言えなかった辛い思い出が、心の中に溜まっているのかもしれません。

辛い旅だったかもしれませんが、長い人生の中で、これほどの「感動の旅」が経験できた私は、やはり幸せなのかもしれません。


思えば波乱万丈な人生です。
今年の1月に、東京の街を彷徨い歩いていたときに、仕事帰りのサラリーマンの方々が楽しそうに飲み歩く姿を見て、「俺は何をやっているんだろう・・・」と複雑な思いで、やはり涙が溢れてきたことを思い出しますが、私は、もうそういうところには戻れない領域に踏み込んでいましたので、やはり、辛いことがあっても、前を向いて歩いていくしかありませんでした。

あの1月の寒い東京と、この大阪・道頓堀の状況は似たようなものになりましたが、大きな違いがあります。
それは、東京の時は一人での行動。
大阪は、二人で行動していたということです。
心強い仲間がいてくれるだけで、状況は全然変わってきます。
タバチンさんの大活躍に、ただただ感謝します。
心優しい巨体の友人が、Happy Cream Puffマニラ2号店を私に見せてくれたのです。

いつの日か、近い将来に「タバチンラーメン・マニラ店」が開業することでしょう。
それを、一番楽しみにしているのは、間違いなくこの私です。
そして、そのタバチンさんの夢の後押しをするのも、私の役目だと思っています。
(※ といいますか、あのタバチンラーメンの病み付きになる美味しさと、とろけるようなチャーシューを腹いっぱい、毎日でも食べたいと本気で思っていますから!)


道頓堀では、大阪B級グルメも堪能しました。
どでかいタコが入った、たこ焼き。
そして、目の前で職人さんが焼いてくれた熱々のお好み焼き。
夜食には、道頓堀名物・金龍ラーメンと、大阪ならではの安くて美味いもので幸せ気分です。


心に残る「大阪の旅」を終えて、フィリピンに戻った私は、出店場所探しに走り回っていたというところに繋がります。
まだ、場所探しに走り回っているのかといいますと、もう疲れました。(笑)
そろそろ決めさせて下さい。(爆)

それが、難航したことが悔しくて、昨日のブログ記事になりましたが、たとえ出店場所が何処になろうとも、フィリピンで一番夢のある「シュークリーム・ショップ」を作りたいです。

読者の皆様に期待していただいてよいのか解りませんが、「こんなお店を待っていました」と言っていただけるようなお店を目指して頑張ります。


大阪の旅のタバチンさんとの思い出写真を入れようと思いきや、それすらありませんでした。写真を撮るような余裕の旅ではなかったからです。

ということで、大阪へ行く前の浅草の写真をアップしておきます。

asakusa_kaminarimon.JPG
  (妙にヒタイが広い私です、爆)

浅草へ行った理由は、美味しいソフトクリームを探しに行ったからです。(笑)
この写真を撮ってくれたのは、親切な観光人力車の車夫さんでしたが、写真を撮っていただいた後に、「お乗りになられますか?」と聞かれなかったのは、タバチンさんが一緒だったからでしょうか? (爆)


大阪から戻ってきて、ひとつ忘れてたことを思い出しました。

「グリコを食べてない!」 (爆)





blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

posted by Happy Cream Puff at 02:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

逃げ出したい時は・・・

今日は、短く、日記のように心の中を書かせて下さい。


やっぱりしんどいです。

もうやめちゃおうかな。

「ほら、山岸さんだって、もう逃げ出したくなってるじゃない。」
と言われそうですね。 (笑)

そうです。
私も普通の人間です。
辛いときは、逃げ出したり、やめたくなります。

あなたと同じですよ。 (笑)

今日も、重いプレッシャーから逃げたくなって、イチローを連れて、クルマに乗って飛び出しちゃいました。

「マニラに出店できるのに、何がプレッシャーなの?」
と、聞かれそうですね。

いろいろありますよ、次から次へと困難の連続です。
まだまだ、小さな存在だし、力も無いし、知名度も無いし、資金力も弱いし、コネも無いし、まだいろいろなことが絶対的に小さいんです。
それで、テナントのオーナーに足元みられたりします。

悔しくないかって?
すごく悔しいです。

スタバが羨ましいかって?
羨ましいです。(笑)

誰もいない海辺にでも行って、
「チクショー!」「コノヤロー!」って、叫びたいです。

人生だから、こんな日もあります。

私も普通の人間ですから・・・・・


明日、また頑張ります。
大丈夫です。
この悔しさが、明日への活力になることを知っていますから。


そして、私は、書くことで気分転換ができるのです。 (笑)





blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

posted by Happy Cream Puff at 04:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

読売新聞衛星版「フィリピンに甘さ革命」

マニラ出店への大きな夢に向かって前進しています。
詳細が決まれば、このブログでも紹介していきますので、しばらくお待ち下さい。


今日は、新聞記事のことです。

11月8日(土)の、読売新聞衛星版に私の記事が掲載されました。

この衛星版という新聞は、アジア地区でのみ発行されている読売新聞なので、日本国内では読むことはできませんが、28ページの本格的な新聞です。

その中の「人・世界が舞台」というコーナーに記事を載せていただきました。
私が言うのも変ですが、その記事の内容が大変素晴らしく・・・・・ といいますか、書いてあることは、全て事実ですが、それが本当にひとつの記事として上手にまとめてあるのが素晴らしいのです。

読売新聞社様のご了解を得まして、このブログ上で、記事の公開をすることができるようになりましたので、恥ずかしながら記事を添付いたします。

フィリピンに甘さ革命.JPG
(記事をクリックすると拡大します)


私は、日本を離れてから、ずっと思うように事業を進めることができませんでした。
しかし、そんな私のことを、日本から応援してくれた方が、大勢いらっしゃることも事実です。
なかなか、その一人ひとりにご連絡することができないことを、心苦しく思っていました。
この記事を読んでいただきまして、「山岸は頑張っているな!」と思っていただければ、それが少しだけのご恩返しになれば嬉しいです。

しかし、このような形で、日本のマスメディアの方が応援してくれることも大変嬉しく思います。
まだ、確定していませんので詳しくは書きませんが、日本のテレビ局からの取材依頼などのお手紙をいただいておりまして、なんと言って感謝してよいのかわかりません。


この素晴らしい記事を書いていただきました、読売新聞社の稲垣様にも感謝しています。
この場をお借りしまして、厚く御礼を申し上げます。

マニラ出店を果たした時には、また取材に来て欲しいと思います。(笑)





blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

posted by Happy Cream Puff at 06:04| Comment(6) | TrackBack(0) | マスメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

挑戦! スピード・スタックス

このところ、ずっと集中していたこともあり、今日のブログは、ちょっとした息抜きに使わせていただきたいと思いました。

今日のタイトルは、多くの方は意味不明かと思います。(笑)

「挑戦!スピード・スタックス」
挑戦したのは私ではありません。(爆)

実は、スピード・スタックスとは、コレのことです。
http://www.speedstacks.jp/


親としては子供の熱中することは気になりますよね。
しかし、このゲームは、遊びととらえることもできるし、知能や能力の訓練ととらえることもできて、実に素晴らしいものと感じています。

そして、このゲームに挑戦しているのは、再び登場のジョン・イチローです。


この写真は、日曜日のSMサウスモールで行われた競技大会の模様です。

speed_stacks.JPG
(赤いTシャツで、こちらを見ているのがイチローです)

フィリピンでは、このスピード・スタックスが大ブームなのです。
とにかく、子供、子供、子供!
それも、皆元気いっぱいで、こういうところにフィリピンの素晴らしさを感じます。

このゲームをやっている子供達は、同じ目的を持っていることから、仲間意識がすごく強くて、上手な子は、初心者の子供に手取り足取りで教えてくれたりして、皆仲良しなんです。
イチローも、この子供達全員が、すでに仲良し友達です。


イチローは5才ですから、この競技に参加する子供達の中では、最年少クラスになります。
しかし、子供は羨ましいです。
興味を持ち出して、練習を始めてから、メキメキ上達していきます。

イチローはいつもはひょうきん者です。
こんな顔ばかりなのですが・・・(爆)

speed_stacks_ichiro1.JPG

しかし、スピード・スタックスをするときはこんな真剣な顔になります。

speed_stacks_ichiro2.JPG

さて、イチローの競技の順番がきました。
映像があります。



まだまだ、このくらいの速さでは、他のツワモノにかないませんが、イチローも全力でやってくれました。
大したものです。
「お疲れ様!」



ちなみに、SMサウスモールのチャンピオンはこの子です。



途中で、ちょっとつまずきましたが、その手さばきは素晴らしいですね。

イチローもいつの日か、チャンピオンを目指して頑張って欲しいです。


私も、スピード・スタックスですか?
全然できません。(爆)




blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

posted by Happy Cream Puff at 05:38| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

試練を乗り越えて

読者の皆様、本当にご無沙汰してしまいまして、申し訳ございませんでした。

私は、もう何度も何度も繰り返し言ったり書いたりしている、「絶対にマニラへ出店する!」ということに、ずっと集中していました。

そのために、ブログの更新すらしなかったというか、何も進展の無い状態でのブログ記事は、私の中ではありえないことだったのかもしれません。

どうぞ、ブログが中断してしまったことをお許し下さい。


ブログが更新できなかった間、私にはいろいろなことがありました。
暗闇のどん底にいたこともあります。
素敵な人との出会いもありました。

しかし、私は前進するしかありません。

今日のこの記事が、復活宣言になるのかわかりませんが、困難を恐れずに、マニラに出店するために、また頑張ります。

誰が何と言おうと、私はマニラで、美味しいシュークリーム屋をやるという使命があります。


ただ、ひとつ訂正があります。

以前の記事で、コラボレーション・ショップをやると宣言しましたが、それは、やりません。(笑)

やらないと決めるまでにも、紆余曲折がありましたが、とにかく、Happy Cream Puffの単独店として、出店をする!、と決めました。


今日は、何を書きましょうか?

まだ、具体的なことは書けないのですが、大事なことは、自分にはできるということを信じることです。

「明日、何があるかわからない」

私は、いつもそう思っています。
どん底のような気持ちの時でも、明日に、信じられないような出来事が本当に起こるものです。

だから、あきらめないのです。

いくつ(何歳)になっても、熱い血をたぎらせていたいです。

そう思っていれば、マニラの2号店は、絶対にできるのです。


2009年1月にその夢が叶うことを信じて・・・・・




blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 02:50| Comment(14) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。