2008年09月13日

タバチンさん、珍道中記

読者の皆様、こんにちは。

またまた、ブログ更新もしていませんで、本当にご無沙汰になってしまいました。

実は、日本から、タバチンさんが来比されていまして、私が付きっ切りでお世話させていただいておりました。(笑)

tabaching_hcp.JPG

多くの読者の方は、すでにタバチンさんのことは、知っておられると思いますが、最近は、タバチンさん自身が、ご自分のブログも精力的に記事を更新していますので、そちらもご覧になって下さい。

http://ameblo.jp/tabaching/

タバチンさんを、いまさら説明することも不要かとも思いましたが、初めてお読みになる方のために、どんな方なのかをここで書いておきます。

体重105キロの巨体は、私から見ればいくら見ていても飽きない程ほほえましいキャラクターの持ち主です。

日本では、ラーメン道一筋の道を歩んできた、正真正銘のプロフェッショナル・ラーメン屋さんと断言できます。
新宿、品川、横浜といった日本でも有数のラーメン激戦区ですべてのお店を繁盛店に導いてきたお方です。
繁盛の秘訣は、立地や店構えという要素もあるかもしれませんが、やはり、どこで出しても絶対的に「美味しいラーメンだ!」と、もうそれだけなのです。

つまり、私からみれば、ひざまずいて、ひれ伏し、「ははー」というくらい、凄い経歴の持ち主です。

しかし普段は、そんなことを感じさせないような、笑顔を絶やさない人で、笑うと小さな目がとても可愛らしいのが印象的です。(笑)


タバチンさんの夢は、美味しいラーメン店をフィリピンで開業することです。
今年の3月に、タバチンさんが、SMサウスモールに私を訪ねてきて、機関銃のようにぶっ続けで3時間、その熱い想いを語ってくれました。
そして、その夢は、私と全く同じものだったのです。

タバチンさんは、ただ単に、フィリピンでラーメン屋をやることではなく、そこには、いろいろな意味でフィリピンへの恩返しと社会貢献を考えていることでした。

「起業物語・ラーメン編」と言ってもいいような、タバチンさんの挑戦を、私が応援することは、タバチンさんとお知り合いになるずーっと前から、決まっていた運命のような気がしました。
といいますか、この方なら、何があっても絶対にフィリピンで成功するお方だと、直感的に感じたのです。

今回、タバチンさんがフィリピンに来た目的は、私の家族と遊ぶためではありません。(爆)
フィリピンでラーメン屋さんを開業する可能性を探りに来たということになるのでしょうか。
詳しいタバチンさんの事業プランは、ここでは書きませんが、日本で、多くのラーメン通の舌を唸らせた、極旨ラーメンが、ついにフィリピンでベールを脱ぐのか!?、という感じかもしれません。


今回、タバチンさんは、私の家に宿泊していただきました。
6泊7日です。(爆)
ゲストルームも無く、狭苦しくて申し訳なく思いましたが、私の家に宿泊したいというのは、私の家族を一番大切に思ってくれている、タバチンさん自らの提案でもありました。

tabaching_garden.JPG

しかし、何とこれは、大正解だったのです。

タバチンさんと、イチローとの友情が芽生えたのです。
それは、私が嫉妬する(笑)くらい、熱く強いものでした。
大きなタバチンさんと小さなイチローとの絆は、見ていてほほえましいのですが、イチローの奴は、もう四六時中、タバチンさんにベッタリくっ付いて離れません。
1週間だけ、イチローはタバチンさんの息子になりました。(爆)

「タバタバチンチン、タバタバチンチン、タバチンさん」
「タバタバチンチン、タバタバチンチン、タバチンさん」
「タバタバチンチン、タバタバチンチン、タバチンさん」
と、歌を歌いながらはしゃいでいるイチローを見ていたら、「モンスターズ・インク」という映画を思い出しました。
巨大で毛むくじゃらの心優しいモンスターと、小さな女の子の友情の物語でした。

monsters_inc.jpg
(モンスターズ・インク公式サイトより引用)

以前に、タバチンさんと一緒に、マニラ・オーシャン・パークへ遊びに行った時から、イチローはタバチンさんが好きになったようです。
大きな身体から発する、子供好きのオーラが、イチローの波長をピッタリ合ったのでしょう。

この写真は、私の所有する土地を、タバチンさんが売ってくれるということになり、現場へ行ったときのものです。

私「一緒に行くか?」
イチロー「うん、行く!」

と、もう大喜びのイチローです。

tabaching_buranko.JPG

土地売却については、タバチンさんもご自身のブログ記事に書いてくれましたが、まさに「1%の可能性」を信じる、タバチンさんの行動力は素晴らしいものでした。
私達夫婦でさえ、半ばあきらめかけていた土地売却について、タバチンさんは、こんな言葉を使って説明してくれました。

「山岸さん、土地は絶対に売れます。
そう信じるんです。
その上で、行動しましょう。
それでも、売れなかったら、また次の方法を一緒に考えましょう。
大丈夫です。絶対に売れますよ。
一番悪いことは、最初から無理だと決め付けて、何もしないことですよ。」

つまり、この言葉は、すべてのことに当てはまります。
真理なんです。

シュークリーム屋をフィリピンでやるんだ!
ラーメン屋をフィリピンでやるんだ!

できるか、できないかではなく、信じて行動することということを、タバチンさんは、土地売却という行為を通して教えてくれました。

ちなみに、イチローとブランコで遊んだりしながら(爆)、少しの行動時間しかありませんでしたが、すでに、この土地に関して、3件の問い合わせも入り、タバチンさんの有言実行の威力をおもい知らされました。


タバチンさんの来比中は、お互いが胸の内に秘める、ラーメンとシュークリームに対する熱い想いをずっと語りあっていました。
その話になると、もうとどまるところもなく、寝る時間も無くなる程でした。(笑)
しゃべる割合は、私が1割、タバチンさんが9割ですけれど。(爆)


タバチンさんが、日本に帰るという前日に、一緒にメトロポリス・モールへ行きました。
そうです、忘れもしない、私がはじめてシュークリーム屋を出店した思い出の場所です。

良い思い出よりも、苦しい思い出がたくさんあるこのモールへ行くことは、あまり気が進まなかったのですが、その場所をタバチンさんに見てもらいたいという気持ちもありました。

tabaching_metropolis_mall.JPG

この場所が、Happy Cream Puffがあった場所です。
懐かしいです。
今は中国製の陶器を売っているお店になっていました。
イチローの奴は、明日タバチンさんが帰ってしまうことに無言の抗議をしています。写真に笑顔を見せようとしないでこの態度です。
何ともいじらしいです。

靴屋さんと、電気屋さんと、ブティックに挟まれた空間は、今から思っても、とてもシュークリームを売るような場所ではありませんでした。

gibi_house.JPG

この写真は隣の靴屋さんです。
この靴屋さんのスタッフ達 (よく見ると写真の後ろに小さく写っている人達です) には、本当にお世話になりました。
忙しかった私と女房のマリセルの代わりに、いつもイチローと娘のマリエルを預かって面倒をみてもらっていました。
ですから子供達も、靴屋さんのスタッフの方達との再会に感激して大はしゃぎでした。
やはり、人と人との心の触れ合いとは素晴らしいものです。


タバチンさん、珍道中記はここまでです。
もっとたくさんのエピソードもありますが、到底書ききれません。(笑)

しかし、この巨体の友人は、私と私の家族の心に、優しさを運んできてくれました。
苦しい時に、励ましてくれる人の存在が、どれほど心の支えになるかは、それを経験した人でないと解らないかもしれません。

このタバチンさんと私との強い絆こそが、これからの出店計画に良い影響を及ぼすことでしょう。



土地売却の帰りのクルマの中での会話です。

私「タバチンさん、あなたはまるでスーパーマンみたいですね」
私「ワイシャツの下には、(S)マークの青いアンダーウエアを着ているでしょう」

タバチンさん「はい、でも、(S)ではなく、(XXL)です。(爆)」

なんとも楽しいお方です。


私達家族を、身体を張って守ってくれる友達が、そばにいてくれる・・・・・
それこそが、私の究極の「起業物語」のはじまりなのかもしれません。


ありがとう!
タバチンさん。



blog_ranking.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 02:47| Comment(12) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。