2008年07月25日

レジーン・ヴェラスケスがSMサウスモールでドラマ収録

先日、マーティン・ニベラさんが、SMサウスモールにやってきた記事を書きましたが、今度は、な、なんと、「アジアの歌姫」と言われる、レジーン・ヴェラスケスさんが、SMサウスモールにやってきたのです。

 ↓ この写真は、レジーンとマーティンのデュエットです(昨年11月のもの、撮影は私です)
regine_&_martin.JPG


私が、レジーンとマーティンを引き寄せているのでしょうか?(笑)

時間がありませんので、今日はさらっと書きます。(汗)


レジーンさんが、SMサウスモールにやってきた理由は、現在、ご本人が出演中のテレビドラマの収録のためです。


忘れもしない、昨年11月の「レジーン・ヴェラスケス・コンサート・ツアー」の最終日にスポンサーとして、レジーンさんのコンサートスタッフをサポートさせていただいたとき以来です。

嬉しいことは、レジーンさんも、スタッフの方々も、ちゃんと、Happy Cream Puffのことを覚えていてくれたことでした。


撮影は、こんな感じです。

なぜだかよく解りませんが、フードコートを使った撮影だったのです。(爆)

foodcourt_shooting_1.JPG

これは、レジーンがフィリピーノフードを食べるシーンの撮影でしたが、一番右奥に見える赤い看板が、Happy Cream Pufです。
中央のグリーンの服がレジーンさんです。

フードコートをさっそうと歩くレジーン(左端がレジーン)

foodcourt_shooting_2.JPG


撮影は、かなり長時間に渡って行われたので、スタッフの特設控え室もフードコート内に設置されました。

staff_room.JPG

警戒厳重ですね。拡大してみましょう。

staff_room_zoomup.JPG

赤い服を着て、頭の上で手を組んでいるのが、レジーンさんです。

この写真の中央の男性が、レジーンさんの付き人兼ディレクターみたいな感じの方で、この撮影を取り仕切っています。


すでに、コンサートの時から、私とマリセルも面識があり、このディレクターさんは、本日何度もHappy Cream Puffに足を運んでくれました。(シュークリームを買いに来てくれました)

メリエンダ(おやつ)として、スタッフでプチパフをつまんでくれたのです。

この写真を良く見ると、うちの紙袋が写っていますね。
見にくいですが、紙袋の手前には大箱もあります。
paper_bag.JPG

ですから、この写真が証拠写真です。(笑)


もちろん、レジーンも食べてくれました。

その後、その男性ディレクターさんが、お店まで来て、こう言ったのです。

「レジーンが、プチパフ美味しいと言って、パクパク食べたよ。」

なんと!、夢か幻か!

この言葉を聞くために、私は、フィリピンでシュークリーム屋を始めたのかもしれませ〜ん。

いや〜、感激です!

嬉しいです!

アジアの大スターが、「美味しい!」って。

もう、シュークリームやめてもいいって!(爆)


結局、美味しくて、スタッフ達にも評判が良くて、全然足りないと言って、そのディレクターさんは追加で4箱も買ってくれました。


ということで、最高に嬉しい一日を過ごすことができました。

写真には、写っていませんが、我が家の女房も娘もイチローも、大好きなレジーンの撮影を見て大喜びでした。

こんな、郊外のモールのフードコートの片隅でお店をやっていますが、それでも、こんなことが起こるのですね。

私にとっては、このようなことが、また、明日に進むパワーになります。

きっと、今日の出来事は、将来に繋がることでしょう。


レジーンさんから、「テレビ局(ケソンシティー)の近くに、Happy Cream Puffを出店しない?」なんて、言われたりして。

すみません。独り言でした。(爆)



blog_ranking_banner_02.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

posted by Happy Cream Puff at 04:36| Comment(8) | TrackBack(0) | ショービジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

フィリピン人女房と日本人男性の夫婦は、幸せになれるのか?

今日の記事は、前回、マーティン・ニベラ・ミニコンサートの続編みたいな感じです。

といっても、書く内容は、またまた「幸せ」についてです。


前回の記事をお読みになっていただいた読者の方はお気付きかと思いますが(気がついてないって・・・汗)、この家族の、小さな幸せの中に、女房のマリセルが登場していませんでした。

女房のマリセルにも、そのマーティンについてのブログを見せたのですが、

マリセル「私が写ってないじゃない」

私「だって、(マーティンのときに)居なかったでしょ」

マリセル「うん、お店忙しかったから・・・」


確かに、週末のマリセルは、こんな感じで働いていますから。

はい、チーズ!

maricel_shop_photo.JPG

マリセルも、マーティンの大ファンですから、本当はマーティンとお話して、握手して、一緒の写真に納まりたかったということは、痛いほど、私にも理解できます。
仕事優先といえば、それまでですが、このような楽しいイベントに、家族が揃わなかったことは、やはり、ちょっと心残りでした。

マリセルには可愛そうなことをしました。


私が、「シュークリーム屋をやるぞ!」と言って、フィリピンで起業してからというもの、もうずっと、マリセルも私も、一日も休むことなく、働き続けてきました。

どうして、休まないのかと聞かれそうですが、それは、行き先が見えない中で、いつも走っていなければならなかったとしかいいようがありません。

お店に、ご来店いただいたお客様なら、ご存知かもしれませんが、マリセルは多くの時間、店頭に立っています。

私のシュークリーム店を、ここまで引っ張り上げてくれたのは、やはり、店頭で多くのお客様と接してくれたマリセルのおかげです。


ここまで、いろいろな苦難もありましたが、すこしずつ、ファンのお客様も増えてきまして、また、「美味しい」の声に支えられて、ここまで来ることができました。

私の明確な目標は、このお店を増やしていくことにほかなりません。
その目標は、どんなことがあっても失ってはなりません。


ただし、その目標のために、家族に重い負担をかけたり、自由な時間が無くなったり、笑顔が消えたりすることがあってよいのでしょうか?

自分が追い求めるものが、ものすごい価値があって、社会貢献性があったとしても、それだけを貫き通そうとすると、必ずどこかに無理がでてきます。


「家族」と「目標」


この、どっちが重要かとか、どっちを選ぶかということではありません。

それが、ここ数回に渡って、このブログに書いている「幸せ」というところに繋がります。


冒頭のマリセルのエピソードに戻りますが、マリセルが(私より??)大好きなマーティンに会えなかったことを怒っているとか、恨んでいるとかいうことはありませんが、私のできることとすれば、このような場合にも、マリセルが仕事の手を休めて、マーティンに会う時間を作ってあげることはできるはずだなあ、と思っています。

そういう、システムを作っていくことが、私の仕事ですから。


この記事のタイトルにありますように、「フィリピン人女房と日本人男性の夫婦は、幸せになれるのか?」ということについて、書いてみたいと思います。


先ほども、マリセルが私のブログを見たと書きましたが、それは写真を見ただけであって、記事自体を読んだわけではありません。

日本語は読めないですから。(笑)

と、いうことは、私がそこに書いた、繊細な表現は、マリセルには、全然理解してもらえない訳です。


フィリピン人女房と日本人の私。

実は、このようなケースは日常的に、いつも起こっています。
夫婦として暮らしていますから、本人同士は、ほとんど気にすることなく生活していますが、この異国人同士には、理解できないことが山ほどあるのです。

育った国、環境、文化、生活様式、言葉も全部違う人が一緒に暮らすこと自体奇跡のようです。

それでも、私の頭は、だいぶフィリピン人化しています(悪い意味ではなく、笑)ので、女房の心の中は、理解しているつもりなのですが・・・・・。


私のように、女房がフィリピン人の方も、大勢いらっしゃいますし、ここフィリピンに暮らしておりますと、必然的に、そのような方とお知り合いになります。

時々は、この方々が、どのように夫婦関係を円滑に育てているのか考えてしまうこともあります。


もし、私が、サラリーマンで、一生懸命に働き、女房は家だけに居られるような関係であれば、それで女房も幸せだったのかもしれません。

しかし、今は、一緒に働いていますので、どうしても女房と毎日お店の話をしなければなりません。

これが、結構問題なのですが、商売というものに対する理解の仕方が、どうしても一致しません。

ここで大事なことは、かっとならないことです(笑)

私も女房も、経験の中から理解を深めていくということでしょうか。


またまた、これを、日記として、思ったことを素直に書いてみますね。

どんなに、気に食わないことがあっても、夫婦喧嘩をしても、それは、夫婦の証拠なのです。

きっと女房は、仕事ばかりに熱中している私に、「たまには、私のことや子供のことも気にかけて下さいね」と、注意を促しているのかもしれません。

いや、きっとそうです。

家族皆が、愛が不足していることを、感じているのかもしれません。

5才のイチローも、本当なら、遊びたい盛りなのに、いままでも全然「パパ、○○○に連れていって!」とせがまれたこともありません。
5才にして、パパの仕事を、大まかに理解しています。
だから、休まないパパを見て、何も言わないのでしょう。(泣)

家族がいるからこそ、この仕事に打ち込めることを忘れたらいけません。
私を支えてくれているのは、家族の愛なのです。
家族のために頑張ってきましたが、その家族を見ていなければ、何のための頑張っているのかも解らなくなります。

もし、どうしようもなく辛く、乗り越えられないようなことが起こったとしても、そばに家族がいて、笑顔で、「パパ、頑張って!」といわれたらどうしますか?

私なら、その困難は、絶対に乗り越えられるでしょう。



些細なことですが、忘れてはいけないことがあります。

「家族を、愛し続けること。」

私がフィリピンで起業して、やっとその言葉を見つけました。

支えてくれた家族に感謝します。



このブログをお借りして、ひとつだけ宣言しちゃいましょう。

頑張ってくれた女房と、我慢してくれた遊び盛りの子供にプレゼントです。

今週、絶対にマニラ・オーシャン・パークに連れて行ってあげます。
それから、イチローが大好きな、バットマンの映画にも連れて行きます。

言っちゃいましたね(笑)
できなかったら嘘つきですから。

行ったという証拠の記事が書けますように、期待していて下さい。



題名にあります、

「フィリピン人女房と日本人男性の夫婦は、幸せになれるのか?」

その答えは、

「もちろん!」

です。(笑)



blog_ranking_banner_02.gif


にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 03:27| Comment(15) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

小さな幸せ − マーティン・ニベラのミニコンサートにて

前回、幸せのことについて、ほんとに、ちょこっとだけ、日記みたいに記事を書いてみたら、やっぱり、「幸せ」っていう言葉には、人それぞれに感じるものがあるみたいですね。

「幸せ」について、コメントをいただいて、なぜか嬉しかったです。



私は、コメントのお返事に、

「女房と娘と息子の笑顔を見ることが、私の幸せかなって・・・。」

と書きました。

それは、大きな夢を持ち、それに向かっていくことも「幸せ」かもしれませんが、もっと身近で小さなところにも、「幸せ」ってあるのだということを、絶対に忘れてはいけない、ということかもしれません。


それを、証明するようなことがありましたので、今日はそれについて書いてみます。


おとといの土曜日のことです。

なんと、SMサウスモールに、あの大物シンガー、MARTIN NIEVERA(マーティン・ニベラ)がやってきたのです。

マーティンさんが、フィリピンでどれだけ凄いシンガーかといえば、私が思うには、間違いなくフィリピンで人気・実力ともNO.1の男性シンガーです。(キッパリ!)

私のフィリピン歴は8年ちょっとですが、もうフィリピンに来てからずっと私は、マーティン・ニベラさんのファンでした。

実は、昨年の暮れに、我がHappy Cream Puffが、レジーン・ベラスケスさん(はい、もちろんフィリピンNO.1の女性シンガーです)のコンサート・スポンサーに抜擢された時にも、ゲストシンガーとして出演していた、マーティンさんとお会いしていました。

そんなこともあって、私の家族は、もちろん全員が、マーティン・ニベラさんの大ファンなのです。

娘も、息子のイチローも、もう何日も前から「マーティン、マーティン!」と言って、この日を心待ちにしていたのです。


マーティンさんが、SMサウスモールに来た理由は、ニューアルバムのプロモーションのためですが、このマニラ郊外の庶民モールにまで出演を依頼してしまう、SMモールの巨大な力には、恐れいりました。(笑)

martin_nievera.JPG

ミニ・コンサートの時間は、30分くらいと短かったのですが、大汗をかいて熱唱していたマーティンさんのプロ魂はさすがでした。

コンサートが終わったあとには、お決まりの「サイン会」です。
実は、私達家族は、この「サイン会」に照準を合わせていました。

「このサイン会で、絶対に、マーティンに、シュークリームを渡すぞ!!!!!」

と、意気込んでいたのは、なにを隠そう私自身でした(汗)

CDを買って、長い列に並び、ドキドキしながら順番待ちです。

「ドキドキ、ドキドキ」

そして、やって来ました、私達の番!

イチローが、すかさずクリームパフの箱をマーティンに差し出すと、なんと、マーティンのリアクションはこれでした。

surprise_martin.JPG

すかさず、箱の蓋をあけて中を覗き込んだ、マーティンは、

「Wow! Happy Cream Puff!」と叫んで、この表情です。

中に何が入っていたのか気になりますか?

箱の中には、“新製品”の「プチ・ダブル・シュー」が入っていました。

写真をお見せしますね。これです。

petit_whip_puff_large_box_new.JPG

でも、こんなにマーティンが驚いてくれたのを見て、こちらも感激です。

そこから、また、マーティンが取った行動が凄かったです。

なんと、イチローを肩に担ぎ上げたのです。

child_with_martin.JPG

この1枚は、永遠に我が家の宝物です。

大スターなのに、凄く気さくな方なのです。
これで、またまた、マーティンの大ファンになってしまいました。

私もタガログ語で、マーティンとちょこっとお話しましたが、「ハルオ、ハルオ」と言ってくれて嬉しかったです。

CDアルバムに書いてくれた、サインはこれです。

CD_album.JPG

「Haruo」って書いてあります(嬉)


残念ながら、女房のマリセルは、お店に立っていて、一緒できませんでした。
でも、彼女も仕事優先とわかっていたので、後で写真見て、大喜びでした。


私は、やはり、普段から、子供と遊んでやる時間もありませんで、本当は、子供がかわいそうと思っていました。
でも、本当に、短い時間でしたが、子供達が大喜びする瞬間に立ち会えたことは、嬉しかったです。

マーティンと一緒に写っている、娘と息子の満面の笑みこそが、私がずっと探していたものかもしれません。

それが、たとえ、小さくても、

   「幸せ」


大きな夢を持ち続けることの幸せと、日常の中にある小さな幸せ。

それを、ちゃんと見極めることは大切なことですね。


心に残る、いい1日でした。



blog_ranking_banner_02.gif



にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


posted by Happy Cream Puff at 17:07| Comment(13) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

幸せってなんだろう

今日、ある人のブログを読んでいたら、“幸せ”についてのことが書いてありました。

そこに書いてあったことが、妙に今の私の心に、ジーンと染み入って来ました。


それで、なぜか、ちょっとだけブログに“幸せ”について書いてみたくなりました。


フィリピンという、異国の地で、起業してから、あまり自分自身の幸せについては考えている時間が無かったような気がします。

ただひたすら、このシュークリーム屋が大きくなって、それで、たくさんお店を出して、たくさんの人達に、シュークリームを美味しく楽しんで欲しいという気持ちだけだったのですね。

これを、誰も読むことがない、「日記」だとすると、“幸せ”についての本心をここに書くことができます。


「今、夢中でやっていることが、幸せなんだ!」

日記として書いてます。(笑)

人に言えないような、辛いことなんて、一体どれだけあるのか、わかりません。
眠れない夜だってあります。
何度も失敗もしました。
幸せの女神から見捨てられたと、何度も思ったことがあります。

でも、やめちゃダメなんです。
それでもやらなければなりません。

問題はたくさんあります。
でも、その問題は、跳ね飛ばして前へ進めばいいのです。

そうすることによって、きっと素晴らしい世界が見えてきます。

そして、それこそが、“幸せ”なのだと思っています。


今日は、サラッと書いてみました。

これは、私の日記ですから・・・。



blog_ranking_banner_02.gif

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

posted by Happy Cream Puff at 01:58| Comment(10) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

ここが変だよ、フィリピン人 パート3

皆様、お久しぶりです。

もう、全然ブログを更新していなかったので、「シュークリーム屋さん、やめちゃったのかなぁ」と思われていた方も多かったのではないでしょうか。

ブログは日記だよ

とか

気張らずに書けばいいさ

などと言った声も聞こえてくる、今日この頃ですが・・・


SMフードコートでの価格改定作業は、ホントに大変な作業でした。
ガソリンスタンドは、価格の電工掲示板があるので羨ましいです。
毎日の値上げも可能ですから(笑)


特に今回の価格改定は、メニュー構成そのものも変わっていますので、写真撮りとか、新しいメニューボードなども全部更新しました。

(ブログの更新をサボっていた言い訳をしているみたいですね、、、汗)


あまり、仕事のこと考えているのも疲れますので、今日は仕事から離れたことを書きたくなりました。

ということで、私がお気に入りの“ファミリー特集”でいってみましょう。

題して「ここが変だよ、フィリピン人 パート3」です。


先日、アラバン・タウン・センターに行ったときのことです。

あちこち歩き回って疲れたので、ちょっと一休みという感じで、フィガロというカフェに入りました。

この日は、女房のマリセルと、息子のイチローも一緒です。


レジで、私はラッテを注文して、後の二人は何を頼むのかと思ったら、

「グラス・ウォーター」

それは、無料です・・・(汗)

じゃ、3人でカフェに入ってコーヒーひとつの注文ということで、ちょっと恥ずかしいですね。

これが、出てきた「ラッテ」です。

figaro_coffee.JPG

デザインが入っていて、かわいいですね。
ということで、写真をパチリ!


そうこうしているとイチローが、

「ママ〜、グトムナ アコ」(お腹すいたという意味です)

マリセルはすかさず席をたって、イチローとともにどこかへ行ってしまいました。

私「おい、何処いくの?」

マリセル「ちょっと買ってくる」

買ってきたのは、ファースト・フード「ジョリビー」のバーガーステーキでした。

jollibee_burger_rice.JPG

フィガロのカフェに戻ってきてそれを食べ始めたので、

私「おいおい、ここはカフェだよ」

マリセル「大丈夫だよ」

私「・・・・・・・・・・」


恐るべし、フィリピン人、です。

ATC_bench.JPG

でも、なぜか、そんなところがかわいい女房と子供です。


それにしても、アラバン・タウン・センターはおしゃれでいい感じのモールですね。

ATC_atrium.JPG

(SMとはセンスが違いすぎますね)


という訳で、今日は、日記調で書けましたでしょうか。(笑)


blog_ranking_banner_02.gif

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

posted by Happy Cream Puff at 02:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。