2008年06月01日

私以外のブログ紹介シリーズ

私のお店は、マニラより南方に位置するラス・ピナス市というところにあります。
フィリピンにお住まいの方は、おおよその場所がわかるのではないかと思いますが、日本でこのブログを読まれている方には、ちょっと解りにくいかもしれません。

自称「マニラのシュークリーム屋」などと言っておりますが、厳密に言えば、ここはマニラではありません(汗)

ラス・ピナス市は、いわゆるマニラへお勤めの方のベッドタウンでありまして、広大な住宅地域です。
その中に、フィリピン庶民の味方、巨大な「SMサウスモール」がそびえ立って(?)いるという訳です。

マニラからお出でになられるお客様も多いのですが、渋滞なんかをふくめますと、やはり1時間くらいかかってしまいます。


せっかく遠方からいらしていただいて、もし美味しくないと心配なのですが、多くのお客様から美味しいの声をいただきますことは、ありがたいことです。

私が、声を大にして「美味しいよ〜!」というよりも、やはり、それを食べていただいた第三者の方の声には、意外な説得力があるものです。

そういう、ものがあれば、遠方から来られる方も、来る前のご参考になるのではないかと思いまして、最近、見つけました「ハッピークリームパフ」のブログ記事をご紹介します。

YUKKEYさんが、書かれたこの記事は、私にとりまして“永久保存版”になりました。

http://ameblo.jp/primer/entry-10101257350.html

このおおらかな表現力は、素晴らしすぎます(爆)


もうひとつは、お店のご近所にお住まいの、akiさんです。

http://phrairaijin.blog32.fc2.com/?no=2

いつも、ご来店ありがとうございます。

このように記事を書いて下さる方がいることは、とても嬉しいことです。


現在は、このSMサウスモールの中の、さらに地階に下りていった、「庶民の味方・フードコート」の片隅にお店があります。

私は、フィリピンで多くの人達にシュークリームを普及することを夢見ていますから、この「地階のフードコート」という立地に不満がある訳ではありませんが(ちょっとはあるかも・・・汗)、まだ、フィリピンで開業してから、1年半という短い歴史の中で、SMモールに出店できただけでも良かったのかもしれません。

ただ、このフードコートへの出店に問題がないわけではなく、基本的に、ここにいらっしゃる方の多くは庶民の方達です。

ですから、シュークリームの価格設定や使用する食材料などに、多大な制約があることいは否めないのです。

上記の、YUKKEYさんは、この制約がある中で作っているシュークリームを食べた感想を最上級の言葉を使って表現してくれましたが、私の中では、「まだまだ」なのです。

いつの日か(できれば近い将来・・・汗)、制約の無い場所にでて、制約の無い設備を使って、制約の無い食材料をつかい、お客様が望むような、極上至福のシュークリームを作ってみたいのです。
それは、もう、フードコートで売っているシュークリームとは全然別のものになります。

シュークリームを愛してくれるような、本物のスイーツ・グルメの方達へ贈る、究極のシュークリームです。

「超美味しい!、人生、生きていて良かった!」と言われるようなシュークリームを作りたいです。


そのためにも、今は、このフードコートでも、精一杯の力をだして頑張っていきます。
よろしくお願いいたします。



余談ですが、私の至福のシュークリーム構想と同じような考えを持った、ラーメンのことを紹介しておきます。

はい、私の友人のタバチンさんです。

この極上至福のラーメンを実際に食べてきました、Akiraさんがその記事を書いておられます。
(Akiraさん、記事をお借りします)

http://philippinebusiness.blog.so-net.ne.jp/2008-05-31#comments

記事を読んだだけで、もう食べたくて我慢できません。
コメントの内容もGoodです。
フィリピンでも、これほどまでにラーメンファンの方がいらっしゃるのですね。

タバチンさ〜ん。

早く、マニラに出店して下さいね。



blog_ranking_banner_02.gif
 ↑ ポチッとお願いします

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
 ↑ こちらもポチッと

posted by Happy Cream Puff at 05:47| Comment(6) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。