2008年05月10日

夢よりもっと大きな夢、フィリピン・シュークリーム・カフェ構想 (後編)


話が長くなりまして申し訳ないのですが、いきなりマニラに出店できるはずもなく、そこにいくまでの道のりのことを読者の方に理解していただかなければならないという思いで書いていきます。

3月になって、2月の不振が嘘のように、シュークリームが売れるようになり、それはいわゆるV字回復でした。


あの、PDF版「起業物語」(happy_cream_puff_kigyo_monogatari.pdf)は私の分身でした。
ここでは、そのPDF版「起業物語」を彼と呼ぶとすると、彼は私とともに日本へ行って、そして彼はあちこち飛び回ってくれました。
わたしが、一足先にフィリピンへ戻り、その3週間後に彼もフィリピンに戻ってきました。

忘れもしません。
フィリピンを代表する大物ブロガーの方々が、会ったことも無い私のことをブログ記事に取り上げてくれました。

もし、私があの「起業物語」を書かなかったらと思うと・・・・・

人生のシナリオは、誰が書いているのか知りませんし、人の運命は生まれた時から決まっているのか、それとも、シナリオなど存在しないで、いつもいつも自分で物語を作っているのか・・・

来るべき時に備えて、無駄と思えることでも、その時は悔いが残らないようにやるのだよ、と、神様が教えてくれたのかと思うのです。


この記事では、心から感謝すべきブロガーの方々のお名前は出しませんが、いつもこのブログをお読みの皆様は、もうご存知ですよね。

開業してから、お客様以外は、ほとんど日本人の方々とのお付き合いが無かった私でしたが、あれよあれよという間に、本当に多くの方々とお知り合いになり、その全ての方々から、私は応援され励まされました。

今日の記事は、マニラ出店への道のりを書いている訳ですが、その根本にあることは、人と人との繋がりだったのです。

私に奇跡が起こりました。

多くのお客様を引き寄せ、多くの協力者を引き寄せ、投資家を引き寄せ、多くの友人を引き寄せ、多くの幸せも引き寄せました。

私は、夢を実現するために、今日からまた歩きはじめました。


しかし、人生は何処で何があるのかわかりません。
明日、何があるのかなんて、本当は誰にも解らなかったのです。

忘れもしない、5月4日、日曜日。

メーラーを立ち上げると、1通のメールが届いていました。
とても長い文章でしたが、最初に読んだ時は、意味が理解できませんでした。
2度目に読んだ時は、心が痛みました。

そうです、そこには、私がやろうとしている壮大な事業を否定した意見が書いてあったのです。

私の壮大な構想は、ショッピング・モール内に、次々とキオスクとか、小さいカウンターショップを立ち上げていくというものです。
目標は200店です。
その世界が、私にとって唯一のパラダイム(自分がこうだと思う全世界のこと)だったのです。


その人は、延々と私のビジネスの間違いを指摘しながら、話を進めていくのですが、そこには、1本太い筋が通っていたのです。

その筋とは、「究極の顧客満足」でした。


誤解があるといけませんので、少しだけ説明します。

私はフィリピンで多くの人達にシュークリームを食べてもらいたかったのです。

そこが出発点でした。

しかし、多くの人達に食べて貰うんだという気持ちは私だけの思い込みの部分があったことも事実です。
それは、言い換えると、シュークリームが欲しくない人達にも、シュークリームをいかがですか、ということになります。

大事な事は、私の思い込みだけではなく、本当にハッピークリームパフを愛してくれているお客様の気持ちです。


  お金を掛けないシンプルなショップで、手頃な値段でシュークリームを持ち帰りたいのか。

それとも、

  日本が誇る最高級スイーツを、おしゃれなカフェで、気の合うお友達同士で楽しみたいのか。


お客様である、あなたなら、どちらがいいですか?という問いかけです。


つまり、このシュークリーム事業は、私が考えている以上に、この地球上において、最もパワフルになる可能性が秘められている!! というのです。

人々が、それも信じられないくらいたくさんの人々が、私のシュークリームに熱狂すると、その人は予言者のようなことを言いました。

しかも、その熱狂を受け入れるためには、地球上でただひとつの方法しかないと言うのです。

それが、【シュークリーム・カフェ】の発想でした。

この意見は、本当に私にとってパラダイム(自分がこうだと思う全世界のこと)の転換でした。


たとえば、スターバックスなら、多くの人達に、安らぎとくつろぎを提供しています。
そこには、コーヒービジネスを超えた、究極の顧客満足が存在します。
スターバックスは、決してコーヒーを売っているカフェ商売ではありません。

そこを目指すのです。

【シュークリーム】+【カフェ】

この全く新しい、今までに誰も考えつかなかったような世界を、私が作るのです。

スターバックスを真似しようというのではありません。

スターバックスとは、違うカフェスタイルを創造するのです。

すでに、数人の方にこのプランを聞いていただいたのですが、皆さま、好意的に受け止めていただいています。

でもしかし、私はここまでずっと、お客様の声を取り入れたお店作りをしてきました。

ですから、もっと多くの方々の意見も聞きたいと思っています。

私のハッピークリームパフには、すでに多くのお客様がいらっしゃいます。
そのお客様のご意見を聞きながら、【シュークリーム・カフェ】を作っていけたらどんなに幸せでしょうか。

・こんなカフェにして欲しい
・こんな場所に出店して欲しい
・雰囲気はどんな感じがいいのか
・モダンかクラシックか、
・音楽は何がマッチするのか
・価格はどのようにしてほしいか
・照明は、軽快、それとも落ち着き
・スタッフは女性、それとも男性
・お客様がスタッフに求めるものは
・テーブルの形、デザインは
・椅子はソファも欲しいのか
・パソコンを持ちこんで仕事がしたいか


ご意見は無限にあるかもしれません。

あなたの声がお店作りに反映されるのです。

あなたもこの【シュークリーム・カフェ】作りに参加して欲しいと思っています。

なぜなら、このカフェは、あなたのカフェだからです。

(ブログのコメント欄にでも、お気軽に書き込みしていただけたらと思います)



シュークリームをフィリピンに普及していくという壮大な夢は、今も続いています。

それは、何も変わることがありません。

お客様である、あなたと一緒に、この夢のような【シュークリーム・カフェ】を作りたいと思います。

あなたの想い描くとおりの、素敵なカフェで、思う存分に「極上の生シュー」を召し上がって下さい。


これだけ大きなプロジェクトになると、私一人の力では微力すぎます。
私はこれまで、多くの方々の声援に動かされました。
何かを成すときには、やはり多くの人達が一緒に手をつないでいくことで、小さい力が大きな力に変わっていきます。

もしかすると、この事業は歴史に残るような“心”の事業になるかもしれません。

多くの人がかかわって、多くの人がHAPPYになれば、この【シュークリーム・カフェ】は、本当に輝くかもしれません。


ブログという、今世紀最大の情報発信媒体(大げさかな)というものに参加できたことを嬉しく思います。

ひき続き【シュークリーム・カフェ】の情報はこのブログにて発信していきます。



今日は、長くなってしまいました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。


ブログをお借りして最後にちょっと一言です。

おかげさまで、生シュー、ダブルシュー、生エクレア、ダブルエクレアは人気上昇中です。
店頭お召し上がり、または、お持ち帰りのお客様にどうしてもお待ちいただく状況になっております。お待ちいただくことは申し訳なく思っておりますが、それは新鮮な証拠ということでもありますので、なにとぞご理解下さい。(すみません)

また、フリーペーパー・プライマーに付きましても、大人気のため補充が間に合わず度々品切れになってしまいます。プライマー編集部の方も嬉しい悲鳴のようです。もし店頭にて品切れの場合は、誠に申し訳ございませんが、次の入荷までお待ちいただけるようにお願い申し上げます。



blog_ranking_banner_02.gif
 ↑ クリックお願いします

posted by Happy Cream Puff at 07:23| Comment(6) | TrackBack(0) | シュークリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。