2008年04月30日

ここが変だよ、フィリピン人

昔、むかし、大昔、日本に住んでいたころ、テレビ番組で「ここが変だよ、日本人」というのがあった。
世界中の外国人が集まって日本人の変なところを教えてくれていましたね。

フィリピンに暮らしていると、愛すべきフィリピン人の面白い行動が目につきます。
なんとなく、昔のテレビ番組のタイトルを思い出したので、それをもじって「ここが変だよ、フィリピン人」というコーナーの誕生です。
(これ面白ければ続けてもいいけれど、つまらなかったらすぐやめますね)


☆ エピソード その1

先日から、女房の知り合いの男の子に来てもらって、家の用とか、デリバリーなんかを手伝ってもらっています。
bicol.JPG
フィリピン人の男の子は、一般的にはだらしなく、怠け者が多い(もちろん全部ではありません)のですが、この子は、よく働くし、挨拶もできて、なかなか好感が持てます。

でもこの子が来てから、インスタントコーヒーと粉クリームと砂糖がすぐなくなることに気がつきました。
おかしいなー、と思っていたある日、その子が作りかけのコーヒーをチラッと見てビックリ!

なんとカップの中はすごい量の粉、粉、粉でした。
coffee_cup.JPG
コーヒーは通常の3倍、パウダーも3倍、砂糖は4倍くらい入っていますね。

こいつは、将来大物になるかもしれませんね(笑)


☆ エピソード その2

これは通常のスプリンクルス(ストロベリー)です。
strawberry_sprinkles.JPG
お店へ行ったら、ショーケースの中のスプリンクルスが違う・・・
(スプリンクルスというのはカラフルなキャンディーのトッピングのことです)

私「これ違うじゃん」

女房「同じだよ」

私「でも丸いじゃん」

女房「しょうがないでしょ、同じのないんだもん」

私「大丈夫かな・・・」

女房「大丈夫だよ」

女房はフィリピン人ですから、やはり楽天家なのかもしれません。

日本ならこんなことはしませんが、フィリピンなのでこういうことも「あり」なのかもしれません。
sprinkles_ball.JPG
変だなと思いつつずっと眺めていたら、

私「こっちの方が可愛いかもしれないな〜」
私の頭もフィリピン化しているようです。

ちなみに現在は、元のスプリンクルスに戻っています(笑)


blog_ranking_banner_02.gif
 ↑ 面白かったらクリックして下さいね


posted by Happy Cream Puff at 01:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

フィリピン起業家ネットワーク

フィリピン起業家ネットワーク

それは、フィリピン有数の社長ブログであります「マニラではたらく社長のブログ」の、manila-ceoさんが発起人となり、先月3月15日に結成されました。

一昨日には、第二回会合として、勉強会が開催され、私も参加してきました。
勉強会は楽しかったです。
生シューは美味しかったですか?(笑)


ここでフィリピン起業家ネットワークについて書いてみます。

ひとことで言ってしまえば、凄いネットワークが誕生した!
と言って過言ではないと思います。

世界的に見ても、外国で日本人がここまで真剣に起業について、本気で取り組む集団は数少ないのではないでしょうか。


私は発足以前にmanila-ceoさん宛てにメールを送りました。
そこには、
「起業家ネットワークは、起業家達に勇気を与える場になればいいですね。
そして起業家ですから誰でも躓きますね(笑)。
そんなときに、励ましたり、聞いてあげたり、解決策を一緒に考えたりする。
批判することなく、腹を割って話しができる仲間がいるだけで、どんなに心強いかが、今の私には解るのです。」

そう書きました。


本当にそうなっている!


このメンバーの中にいるだけで、もの凄い安心感につつまれるのです。

皆さん、真の起業家ですから、やっぱりハートが熱いんです。

フィリピンですから、皆さん同じような問題を抱えていますし、明日何が起こるかわからないような不安もあることも事実です。
フィリピンですから。

日本人がフィリピンにいるだけでも、数々のハンデキャップを背負うことになります。
もちろんそれは、フィリピンに限ったことではありませんが、外国人に取っては決して住みやすい国ではありません。

ただ私はハンデキャップを負い目に思うのではなく、「そんな国でも、自分は精一杯生きているんだ!」という満足感、優越感も、この国に一緒にすむ邦人の方々のプライドを高めることになっているのだろうと感じています。


そのフィリピンで起業となると、更なる困難があることは、否定しようがありません。

「フィリピンで起業したい」

このブログはそういう人を応援するために書いている部分が、かなりの割合を占めています。

しかし、フィリピンで起業するということを、簡単に考えるべきではありません。
フィリピンに一歩足を踏み入れたら、全てのことが自己責任と考えなければなりません。

たとえば私なら、「今日は、モールに来店した人が少なかったから、シュークリームが売れなかったなァ〜」というセリフを言ってしまいがちですが、それでは売れない原因をモールに押し付けてお仕舞いです。
シュークリームが売れないのなら、どうやって売っていこうかなどということは誰も考えてくれません。
いくら優秀なスタッフがいても、そこまで考えてくれません。

自分で考えるしかありません。



私はこの起業家ネットワークに参加するようになってから、本当に多くのメンバーの方から温かい声援の声をいただきました。

フィリピン起業家ネットワークは、私が望んだものと同じ、いやそれ以上だったのです。

大きなことを成し遂げるのに、一人の力とは、本当に小さなものです。

このフィリピンで、両脇に協力者がいるだけでどれだけ心強いか。
ひとりでは動かせない大きな岩でも、一緒に押せば動くのです。

このメンバーの方々にめぐり会えたことに感謝しています。


起業家ネットワークの最終的な役割は大きく分けると次の2つのことになるのではないでしょうか。

ひとつは、フィリピンで本気で起業を目指している方達を応援・支援する

もうひとつは、「フィリピン起業家ネットワーク」がフィリピン社会に貢献すること


それこそが、フィリピン起業家ネットワークの本当の存在価値です。
もし、ここで起業家が集まらなければそこにはいつまでたっても何もないのです。
こうして集まって生まれた“場”はもしかしたら奇跡かもしれません。
この集団は、数年後に必ず日本でも名をとどろかすくらいに影響力のある集団になることでしょう。

今後のフィリピン起業家ネットワークの活動に注目です。

今、ふと思いましたが、ぜひフリーペーパー・プライマーで起業家ネットワークの特集をしましょう。
メンバー全員の集合写真とともに、タイトルは「不可能を可能に変える集団」でいかがでしょうか(笑)



長くなりましたが、もう少し書かせて下さい。
一月半ほど前に、私のSMサウスモールのお店へチョコバナナさんが訪ねてきてくれました。
(すいません、本名はnariさんですね)

私の起業物語をお読みになられて、わざわざ遠方(ブラカン州)から私に会いにきてくれたのです。
この方は、チョコバナナという製品を多くのフィリピンの方達に普及させるんだ!、という強いお気持ちをお持ちでした。
丁度、私と同じような志だったので、共感しあえる部分があったのです。

チョコバナナは読んで字のごとく、バナナにチョコレートをコーティングしたものです。

私は、チョコバナナさんの中に強い起業家魂を感じました。

その後、ブラカンにお戻りになり、すぐチョコバナナの販売を開始なされたことは、nariさんが発行されているご自身のブログで知ることができます。

http://blogs.yahoo.co.jp/nari0059/MYBLOG/yblog.html

私には痛いほど解るのですが、事業の立ち上げのタイミングというのは、製品にお客様が付いていませんから、誰が何をやろうと順調に売れ出すということは皆無です。
誰もが苦境に立たされます。

先ほど、nariさんのブログを読みましたら、やはりそういう状態に陥っていることが読み取れました。
私は、nariさんから何を言われた訳ではありませんが、歯を食いしばって耐えている状況が手に取るようにわかります。

私は、起業家ネットワークのメンバーとして、どうしたらいいのかと考えてみました。
とりあえず、私ひとりの小さな力でどうすることもできませんが、nariさんのことをこのブログに書くことが、今は精一杯の応援かもしれません。

でも、もしこのブログからのネットワークで、「余ったパソコンがあるから貸してあげるよ」とか、「こんないい場所が格安で借りられるから、チョコバナナが売れるかもしれないよ」などという情報が集まるかもしれません。

実際にお会いして、もの凄くやさしいお人柄を知っているだけに心配しています。

nariさん、頑張って下さいね。


blog_ranking_banner_02.gif
 ↑ あなたのクリックが、このブログの順位を押し上げます


posted by Happy Cream Puff at 07:13| Comment(7) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

ブログ「マニラで言いたい放題」にハッピークリームパフが登場!

最近、フィリピン在住のブロガーさん達から、お店を紹介してもらえる記事をかいていただいて、感謝感謝の日々を送っています。

ブロガーの皆様、本当にありがとうございます。

「ブロガー」って言葉の響きがカッコいいですね。
ずっと憧れていました。


今日、その大物ブロガーであるじじ様のブログ、「マニラで言いたい放題」にハッピークリームパフの記事が掲載されました。

http://blogs.yahoo.co.jp/aspentower14042001/32493210.html

ブログにお書きになられているように、突然、じじ様とばば様がお店を訪ねてきてくれまして驚きました。

もともと、じじばば様は、1年半まえにアラバンのメトロポリス・モールへシュークリームショップを開業した頃からのお客様でした。

その頃は、私がバイクでじじばば様のお宅までデリバリーしていました。

じじ様はその頃から、私とお店のことを応援してくれていまして、当時もご自身のブログに記事を投稿してくれていたのです。
当の私は、そのブログのことを知らずに何度か配達へ伺いましたが、じじ様はブログのことを私に話してくれませんでした。

私にお話してくれなかった理由は未だに謎です(笑)

でも、そんなことよりも、影ながら応援していただいたことに感謝しています。


フードコートでコーヒーを飲みながらの楽しい時間をありがとうございました。

お買い求めになっていただいたダブル・シューとダブル・エクレア(生クリームとカスタードクリームが半分ずつ入っているシュークリームのことです)のお味はいかがでしたか。
いつもシュークリームのお味に関して、じじばば様の辛口の批評を楽しみにしていましたので。

名刺の肩書きは「シュークリーム屋」に改めておきますね(笑)

じじばば様、今日はどうもありがとうございました。


blog_ranking_banner_02.gif
 ↑ クリックお願いします

posted by Happy Cream Puff at 01:04| Comment(3) | TrackBack(0) | シュークリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

クッキーパフ挑戦記

クッキーパフ。


cookie_puff.JPG


シュー生地の上にクッキー生地を載せてオーブンで焼いたシュークリームです。

私はPDF小冊子「起業物語」の中でも、このクッキーパフのことを少し書いてあります。
ここでは、もう一度そのことについて詳しく書いてみようと思います。


うちのメイン商品は、クリームパフです。いわゆる生クリーム入りカスタード・シュークリームです。

シュークリームのポイントは、やはり美味しいシュー皮であることですね。
おかげさまで、うちのシュー皮は美味しいとのご意見を頂戴しておりまして、ありがたく思っています。
(このオリジナルシュー皮にも、いくつかの美味しさの“ヒミツ”がありますが、それはまた別の機会に書いてみたいと思っています)


私は、シュークリームの他に、もう一種類、別のシュー皮が欲しいと思っていました。
それで、フィリピン在住ですから、クッキーシューというものの存在は知っていましたが、実物を見たことも食べたこともなかったのです(汗・・・)

いつも発想は同じです。

「自分でやってみよう!」ですね。

思いついた翌朝には、もうキッチンに入っているのですが、(SMさん、ごめんなさい。本当はスタッフ以外の立ち入りは禁止なのです)やりたいことがあるといても居ても立っても居られないという性格みたいです。

クッキー生地を載っけて焼くだけなので簡単にできるのだとうと思っていたのですが大間違い!
何度やってもすべて失敗です。

うーん、難しい。

失敗例が見たいですか?
見せたくないです(笑)
でも見せちゃいましょう。


burned_cookie_puff.JPG
見事に焦げていますね。(泣)

私は、どうしてこんなに焦げるのか、解らなかったので、すぐ調べました。
焦げる成分はお砂糖なのです。(キッパリ)

女房のマリセルに、このクッキー生地には砂糖がどのくらい入っているの?
と聞いたら、

「○○グラム」

どうしてそんなに砂糖が入っているのと聞いたら、これがフィリピンの標準よ。と軽く言われてしまいました。
確かに。

フィリピンでは何でも甘すぎますからこういうことになります。

すぐに砂糖の量を半分にして再挑戦。

それでは、クッキーパフの焼き方を、ここでお見せしますね。


cookie_puff_pastry.JPG
焼く前の生地はこんな感じです。
シュー生地の上にクッキー生地を丸くして載せていきます。


cookie_puff_oven_process.JPG
これはオーブンにいれて10分後くらいの写真です。
もう大分膨らんできましたね。

ここから後は、きれいに膨らむように祈ります(爆)

クッキーパフは、通常のシュー皮よりも、焼き方が繊細なのです。
油断すると、どうしてもクッキー生地が焦げてしまうからです。


cookie_puff_oven_process2.JPG
これは、ほぼ焼きあがった状態です。
うーん、感動的な写真です。
まるでスピルバーグ監督の「未知との遭遇」の一場面みたい!


cookie_puff_oven_finish.JPG
そして、これがオーブン焼き上がりです。
美味しそうでしょ!

それでは、中の状態を見てみましょう。
半分に切ります。


cookie_puff_cut_model.JPG
WOW!
これを見たときは感激しましたね。
内側もしっかりとドーム型の空洞になっていますね。

どうしてクッキーパフは、このように綺麗なドーム型に焼きあがるのかという理由を説明しておきましょう。

もともとシュー皮は生地の中に溶け込んでいる水分が、オーブン熱で膨張するのですが、それがシューが膨らむ理由です。
ところが、クッキー生地はズッシリ重いので、シュー生地が膨らもうとするのを上から押さえつけるのです。
それでも、段々とシュー生地のパワーが勝ってきて膨らみはじめますが、クッキー生地の程よい押さえ具合により、圧力が均等にかかり、
最後には綺麗なドーム型になるという訳です。

いかがでしたか。
美味しそうだと思いませんか?

このクッキーパフが食べられるのは、フィリピンでうちだけです。
お値段は、1個30ペソです。

ちなみに、このクッキーパフはプチパフ(ひと口サイズ)もあります。


cookie_petit_puff.JPG
これは、1個15ペソです。
先日、ブログ記事に書きましたプチパフの詰め合わせ箱「パルワン」の中にも入っています。


夢を膨らませたい!
と思ったら、数々の困難に頭を押さえつけてもらいましょう。

そうすれば、きっと綺麗な形に夢が膨らむはずです(笑)


blog_ranking_banner_02.gif
 ↑ 面白かったらクリックして下さいね


posted by Happy Cream Puff at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | シュークリーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フリーペーパー「プライマー第2号」設置中!

ブログって、いつも更新するからブログなのでしょうか。

このところ、ブログの引越し作業とかしてて、全然更新もしていないし(汗、汗、汗だく)

なんとか挽回しなければ、manila-ceoさんに負けてしまいます(笑)

ということで、記事3連発くらいで頑張ってみます!


昨日、マニラのフィリピン・プライマーのオフィスへ行って、フリーペーパー「プライマー・第2号」をごっそりと頂いてきました。

お店に持ち帰り設置完了です。
primer_vol2.JPG

創刊号の時は、設置した時期がちょっと遅くて、たくさん持ってきてもらったにもかかわらず、先週で品切れになってしまいました。

全然掃けなかったらどうしようと心配もしましたが、無用な心配でしたね。

やはり、フィリピン史上でも最強のフリーペーパーなので、フィリピンに在住の日本人の方々が待ち望んでいたということなのでしょう。

第一、内容が面白い!
装丁もいいし、写真もきれいに印刷されています。

編集長さんとお話をさせていただいたことがあるのですが、記事の内容は、すべてマニラ在住の奥様方の目線で見ているものだそうです。

なるほど、だから役立つ記事が満載で、面白い訳ですね。

第2号の特集は、ボニファシオ・ハイストリートを取り上げています。
(ハッピークリームパフもハイストリートに出店したいな〜、夢かな〜)

フィリピンの洗濯洗剤の記事もあり、何でも同じと思っていた洗剤にも違いがあることがわかっただけでも、またひとつ買い物上手です。

とにかく、無料でこの内容です。
ぜひお読みになって下さい。

只今、店頭にて設置中です!

posted by Happy Cream Puff at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | フリーペーパー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。